『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

83話 鬼の首を振り回す神の王。

 83話 鬼の首を振り回す神の王。

「10キロも走ったら、足が棒になる程度の体力しかないのが、この俺。一般人代表閃壱番。そんな俺を、化け物が渦巻く戦場に引っ張り出そうとしているお前らにこそ、人の心があるのか、と尋ねたいところだね」

「……」

「つぅかさぁ……『安全圏から口だけ出して一般人を非難する』ようなヒマがあるなら、あんたが神話生物と戦えばいいじゃん。『ゴリゴリに弱そうな俺』よりも、『明らかに強そうなあんた』が戦場に立った方が、よっぽど合理的だと思うんだが? 俺の考えは間違っているのかね?」

「……私には携帯ドラゴンの召喚適正がない」

「俺もですけどぉおお?!」

 鬼の首をとったような顔で、
 センは、

「このセンエースさんにも、携帯ドラゴンの召喚適正はないのですがぁ?! その辺は、いかがお考えですかぁ?! もしもーし?! 聞こえてますか、もしもぉぉぉし!!」

 ウザさ抜群で煽っていくストロングスタイル。
 そんなセンの言動に、
 シッカリとイラついた一那は、
 そこで、トコに視線を向けて、

「トコ、このクソガキは使い物にならない。心技体、すべてが脆弱。何より、魂が腐っている。あなたが、なぜ、これに固執しているか知らないが、あなたの監督者の一人として、正式に警告させてもらう。これを相手にするのはもうやめろ」

「カズナさん、心と体と魂はどうか知らんけど、センの技は本物や。それは、この目で見たから間違いない。この男は、『神代(かみよ)の力を持つバケモノ』を実際に投げ飛ばしてみせた」

「信じられない。というより、ありえない。この男に、そんなマネが出来るとは、到底思えない。このカスは、間違いなく、私よりも弱い」

 その発言に対し、
 センが、

「俺もそう思う」

 と、追従して頷く。

 カズナは続けて、

「やる気のない弱者に、あなたの貴重な時間を割くのは人類の損失。薬宮トコ……この際、ハッキリ言わせてもらうけど、あなたには、『携帯ドラゴンに選ばれている』という自覚がたりない。『自分の価値』を、よく考えなさい」

「いや、せやからな、センは……」

 と、どうにか説得しようとするが、
 しかし、カズナは、
 トコの言葉をシカトして、
 ガチャと、ドアを開けて、

「閃壱番。出ていきなさい。あなたのような『覚悟なき者』に用はない」

 自ら道をあけてみせる。

 センは『これ幸い』とばかりに、

「あ、そうすか。あざっす。では、お言葉に甘えて、失礼させてもら――」

 と、出ていこうとするのだが、
 しかし、
 トコが、

「カズナぁぁ!!」

 バチギレの怒声をあげて、

「あんたがどう思おうが、そんなもん、知ったこっちゃないけどなぁああ! 勝手に任務を放棄すなぁあ! あんたは確かに、あたしの『監督者』やけど、今は、『あたしが主任の正式なミッション中』やろがぁああ! ナメたマネかますな、くそがぁ! ――こうなったら、ダチの姉とか、関係ないぞ! ガキや思うて、なめんなよ、ぼけぇええ!」

 バッキバキの怒りオーラを放つトコに、
 しかし、カズナは、シレっとした顔で、

「勘違いするな、トコ。私が、今回のミッションを受けたのは、自分の目で『閃壱番』を確認したかったから。それ以外の理由はない。だから、意味のない命令に従う気はない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く