『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

82話 久剣一那。

 82話 久剣一那。

「何を黙っている! 『どうして助けようとおもえないのか』と聞いている! 答えろ! クソガキ!」

 などと、激昂しているメイドに対し、
 センは、

「……真正面のドアを守っているってことは、もしかして、あんた、この中で一番強い?」

「話を逸らすな!」

「繋がっているんだよ。というか、『あんたの質問に答えるための前ふり』をしている。俺は逃げも隠れもしない。あんたは、今、『初対面の相手に名前も名乗らず詰問(きつもん)をかます』という『途方もない無礼千万』をかましているんだ。その代償として、前フリにくらい付き合えよ」

「……」

「で? あんたはこの中で一番強い?」



「……久剣一那(くつるぎかずな)」



「はい?」

「名前。私は久剣一那。今は亡き最強の神話狩り『久剣一美』の姉」

 その唐突の自己紹介に対して、
 最初に反応を見せたのはトコだった。

「……いや、『最強』は『内野(うちの)』やったけどな。何回か、カズミと内野が戦ってんの見たことあるけど、普通に内野が全勝やった」

 『内野(うちの) 光平和(しゃいんぴーす)』は、先代のリーダー。
 ちなみに、下の名前は本名ではなくペンネームであり、
 本名は誰も知らなかった。

 内野は、強いGOOを見ると、
 『オラ、ワクワクすっぞ』とばかりに、
 満面の笑顔を浮かべて特攻をかますバキバキの戦闘狂で、
 かつ、
 『細かいことは殺してから考えよう』
 が口癖と言っても過言ではない、
 純粋無垢なトリガーハッピーでもあった。

 その奔放かつ豪快な性格から、
 メンバー全員から『やべぇヤツ認定』はされていたものの、
 なんだかんだ、『最強の実力』を持っていたため、
 メンバーからの『武力的な意味』での信頼は厚かった。

 当時のメンバーは、紅院たちを含め、全員が、
 『内野は、なんだかんだ無敵だから、どんなGOOがきても、きっと大丈夫だろう』
 と思っていたが、
 先のGOO大戦で、内野は、
 間違いなく『最も武功を挙げた』ものの、
 結局のところは、あっさりと死んでしまった。


「私は潜在能力の事を言っている」


 と、一那は、ピシャリと、トコの言葉を切りすてて、
 強い視線で、センを睨みつけ、

「私は、一美ほどの天才ではないが、正統なる久剣家の末裔。ゆえに、武道の才は、この中でも頭一つ抜けているという自負がある」

「あ、やっぱり? ま、配置的に、間違いなくそうだろうとは思っていたけど……」

 そう言ってから、
 センは、コホンと息をついて、

「本物の強者は、立ち居振る舞いを見るだけでも、相手の強さが、なんとなく分かるって……マンガやアニメの達人はよく言っているけど、実際のところ、どうなの?」

「……筋肉の質や身のこなしを見れば、だいたいの力量は察しがつく」

「おお、マジなんだ……」

 感嘆してから、

「で? 達人であるあんたの目から見て、俺はどう? 筋肉の付き方とか、一挙手一投足とか……強者に見える?」

「まったく見えない。あなたからは、一ミリも強者の覇気を感じない」

「だろうね。当然だ。なんせ、これまでの人生で、一秒たりとも修行とかしたことねぇもん。10キロも走ったら、足が棒になる程度の体力しかないのが、この俺。一般人代表閃壱番」

 ドンと、効果音を背負いながら、
 大見得を切って、

「そんな俺を、化け物が渦巻く戦場に引っ張り出そうとしているお前らにこそ、人の心があるのか、と尋ねたいところだね」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く