『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

78話 全力の懇願。

 78話 全力の懇願。

「あたしらが死んだら、基本、人類は終わりや。GOOの大半は、デフォで、物理に対するエグい耐性を持つ。高位のドリームオーラを使われたら、銃も爆弾もほぼ効かん」

 絶対無敵ではない。

 だが、『HP100億』で『毎秒1000万の自動HP回復』のスペシャルをもつ神格に、1や2のダメージを与えることに、何の意味があるというのか。

「多少のダメージは与えられるかもしれんけど、自動回復されてしまいや。携帯ドラゴン以外に『魔力型兵器』を持っていない人類は、抵抗できずに、圧殺される。あんたみたいに、えっと……『内気の鳴動』やったっけ? そういうのを練れる人間はそうおらん」

「……」

「本音を言おうか。あたしは、別に、すべての人を守りたいってワケやない。知らん人の事とか、マジでどうでもええ。ただ、自分にとって大事なものは、全部守りたい。あたしの人生は、幸福でいっぱいってワケやなかった。理不尽な地獄を何度か見てきた。でも、だからこそ、『幸福』の価値が、ハッキリと分かるんやろう、とも思う。生まれた瞬間から幸福で、ずっと、幸福のままやったら、それが当たり前すぎて、幸福の価値が理解できんかったやろう。地獄を経験したことを良かったとは思わんけど、あたしの中に刻まれた『痛み』は、とてつもなく大きな財産となり、今のあたしを支えてくれとる」

 トコは、バーっと、自分の想いを吐露してから、

「あたしは『あたしを守ってくれた家族』を守りたい。『あたしを愛してくれた友達』を守りたい。『あたしを守って死んでくれた先輩たちが守ろうとしたもの』を……あたしは、何が何でも、守りたい」

「……」

「せやから、たのむ。この『健気で可哀そうなあたし』を、どうか、後生やから、助けてくれ」

 そう言って、頭を下げるトコ。

 その懇願に対し、センは、

「……」

 ほとんど反射的に、スっとソッポを向いた。

 何を考えているかわからない顔で、
 窓の外の雲を眺めているばかり。
 決して、窓の前に立っているメイドさんを見つめているわけではない。

 ――この期に及んで、一切、気前のいい返事をしてくれないセンに、
 トコは、普通にイライラして、

「もう、ほんま頼むわ! この際、全部、ぶちまけさせてもらうけど! あたしら、全員、一杯一杯やねん!」

 狂ったように、頭をかきむしる。
 そこに『演技の要素』はわずかもなかった。

 高校入学前に起こった『GOO大戦』で、
 『十九人もいた心底頼もしい先輩達』や、
 『無敵だと信じていた超人の親友』――が、
 目の前で次々と、呆気なくバコバコ死んでいき、

 最終的に、それまでは何も考えず先輩達についていくだけで良かった『紅院』が、
 いきなりリーダーとして、生き残った連中を引っ張っていかなくてはいけなくなった。

 『妹(ミレー)が気丈に頑張ってくれている』のだから、
 『姉である自分(トコ)が折れるわけにはいかない』と、
 トコも必死になって虚勢を張って、
 毎日を必死になって生きてきた。

 けど、もう限界だった。
 現状という重荷は『所詮ただの女子高生でしかないトコ』に耐えられる絶望じゃない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く