『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

74話 つい助けたくなる可哀そうな美少女。

 74話 つい助けたくなる可哀そうな美少女。

「別に惑わされているわけじゃねぇよ。俺は、あの言葉を『周りが何をしようと、当人が助かるための努力をしていなければ、救われることはあり得ない』と解釈しているからな」

 などと『実際のところはどうでもいいこと』を口にしてから、

「ようするに、昨日のお前が助かったのは、お前の運命。それだけの話」

「まあ、なんでもええけど、とにかく、あんたには力があるんやから、可哀そうなあたしを、どうか助けてくれや。お願いやから。な?」

「可哀そうって……スーパー金持ちで、ウルトラハイスペックで、同ランクの友達が数人いて、莫大な家柄と権力もあって、おまけに、携帯ドラゴンなんていうチートまで持っている最強の美少女じゃねぇか。何一つ可哀そうじゃねぇ」

「そんなことないで! 両親は強盗に殺されとるし!」

「いや、まあ、うん……そこに関しては、なんも言えんけど……」

「それだけやない。背は平均よりも低いし、白血球の数が普通より若干少ないし、雨の日は頭痛が酷いし、ストレスに弱いせいで、常時、過敏性腸症候群でおなかがゆるいし、生理の時は、結構な勢いの嘔吐がとまらんし」

「……いや、うん……そういう話、ちょっとやめようか。ほんと、どういったらいいか、わからんし……女子免疫が少ない男子高校生には、ちょっと対応が難しすぎる高次問題というか、なんというか……」

「ほかにも、なんか、重い病にもかかっとる気がするし、変な呪いにもかかっとるはずやし!」

「おい、なんか、だんだん、おかしな方向に進んでねぇか? 推測の段階に入ってきてねぇか?」

「あと、えっと、ぇっとぉ……………ほかに、なんていうたら『助けたくなる美少女感』が増すかな?」

「……えぇ……」

 ついには尋ねだしてきたトコに対し、
 渋い顔を浮かべるセン。

「……余命半年とか、ポイント高いんじゃないか? あとは、病気の家族がいるとか」

 現状における『トコとの適切な距離感』をつかみ損ねた結果、
 『軽くノってみる』という『確実に誤った選択肢』を選ぶ。

「余命いくばくもない感じで、かつ『頭が病気の妹(ミレー)』がおるんや。助けてくれ、ヒーロー」

「困難に負けずに、明日以降も頑張って、強く生きろ。ファイト! ――というわけで、俺はそろそろ、おいとまさせていただきますよ、っと」

 そう言いながら、部屋を後にしようとするセン。
 そんなセンの腕を、
 トコは、ガシっと掴んで、

「逃がさへんわい、ナメんなよ」

「一ミリもナメてねぇよ。というか、ゴリゴリにビビっているからこそ、さっさとここから退避したいと願っている。いつまでもここにいると、なんだかんだ、のらりくらりと、丸め込められそうで怖いからな」

「まあ、そういわんとゆっくりしていけや」

 そうつぶやきつつ、
 トコがパチンと指をならす。

 すると、
 部屋に、十人ほど、メイド服を着こんだ『鋭い眼光の女性』が入ってきて、
 窓や扉など、出入り口になりそうな全ての場所の前に立ち、
 『なにがあっても、そこから動いてやるものか』という、
 とんでもない圧力を放出する。

「え、だれ? どちら様の集団?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く