『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

71話 ファントムトーカーズ。

 71話 ファントムトーカーズ。

 ――センは、自分の両手をみつめながら、

「俺自身が一番教えてほしい。俺が何なのか……これまでの十数年、ずっと、ヒョロガリをやってきた俺が、どうして、バケモノを殺せたのか……」

 真剣に、自分自身の存在に悩むセン。

「……」

 奇妙な空気にあてられて、
 押し黙ったトコ。

 場の空気がよどんだのを感じたセンは、

「もしかして、あれかな? 実は、俺は、どっかの国で改造手術を受けたエージェントで、今は記憶をなくしている……みたいな?」

「……なんか、そんな映画、みたことある気がする……」

「ああ、俺もあるよ。だから、思いついたんだ」

 などと、どうでもいい会話を交わしたことで、
 空気に、じゃっかんの軽薄さが生まれた。
 軽さも、薄さも、時には必要。
 重たくて濃いばかりじゃ胃が持たない。

 トコが、

「隠しとるわけやなさそうやな……変なやっちゃなぁ……ほんまに、ナニモンなんやろ……正直、不気味やわぁ。吐き気する。同じ空気を吸いたくない、生理的に無理」

「……持ち前の『素直さ』が暴走しているな。『不気味』は言い過ぎだろ。それは『男子高校生が女子高生に言われたらヘコむ悪口、ベスト1位』の暴言だぞ。ちなみに、
 『吐き気する』は『男子高校生が女子高生に言われたら心が折れる悪口、ベスト1位』で、
 『同じ空気を吸いたくない』が『男子高校生が女子高生に言われたら一生引きずる悪口、ベスト1位』で、
 『生理的に無理』は『男子高校生が女子高生に言われたら自殺する可能性が高い悪口、ベスト1位』だ。各方面のナンバーワンで攻め込んでくるんじゃねぇよ」

「でも、あたし、嘘つけへんから」

「あれ……おかしいな……俺は、お前のことを、『世界一やさしい人間』だと思ったから、命を賭して、あのバケモノと戦おうと思ったんだが……現状の会話からは、一抹の優しさすら感じない……」

「それは、大いなる勘違いやな。昨日のあんたにおける『数少ない反省点』ともいえる。ハッキリと断言しておくけど、あたしは別に優しくない。『イヤなもんは死んでもイヤや』って言い続ける頑固さがハンパないだけ。自分で言うのもなんやけど、単純にイカれとるだけや」

「……まあ、お前はそう言い続けるだろうな」

 そう感じた理由は一つ。
 『自分と同じだ』と思ったから。

 センもそう。

 昨日、センが、あのバケモノと戦おうと思った理由は、
 『トコを見捨てる』のは『センエースの中』では『ありえない』から。
 それは、優しさどうこうではなく、
 『自分の中にベッタリと根付く絶対に曲げられないルールから』である、
 ――と、センは、この先、何があろうと言い張り続ける。

 そして、それは、これから先もそう。
 行動理由は、常に、
 『優しさ』ではなく『イヤだから』、
 と言い続ける気概。

 それは、
 『正義を執行しているのではなく、嫌いなヤツに悪党が多いだけ』、
 という崇高な理論にも通ずる概念。

 『正義』は、『時代』で移り変わり得るが、
 『覚悟を決めた個』の『信念』は、決して揺らがない。

(探せばいるもんだな……『俺と似た人間』というのも……まあ、別に探していたワケじゃないが……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く