『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

70話 センエース。探偵さ。

 70話 センエース。探偵さ。

「あんたが気絶しとる間に、いろいろ、あんたのことを調べてみたけど……おかしな点は、どこにもない。父親、母親、ともに公務員。普通の保育所、普通の公立小・中を経て、時空ヶ丘に、一般入試で普通に入学……なんや、この経歴。ナメてんのか?」

「なに一つナメてねぇだろ。抜群に正常だろうが」

「普通すぎると言うとんねん! モブみたいな経歴しくさって、どういうつもりや」

「モブなんだから、仕方ないだろ。自分の事を背景だとは思いたくないが、しかし、お前らみたいな『世界の中心にいる連中』の目には『背景としてしか映らない』ということは、ちゃんと自覚しているさ。俺は、お前らみたいな天上人とは違い、どこにでもいる、ただの平凡な一般人さ」

「平凡な一般人が、グレートオールドワンをサイコロステーキに出来ると思うか?」

「……まあ、出来んだろうなぁ……」

「ほな、あんたは一般人やない。QED」

「どんな証明問題にも、穴はあるもんさ」

 などと、どうでもいいことを言いながら、
 センはベッドから起き上がり、
 ストレッチをしながら、自分の体の状態を確かめる。

(……筋肉痛が酷いな……なんか、体中の、ワケ分からんところが、ビキビキと軋んでいる……)

 日常生活では絶対に使わない無数の筋肉に、
 多大な負荷をかけてしまったせいで、
 全身のいたるところが『斬新な悲鳴』を上げている。

(こういう細かい点からも分かる……昨日の『ロイガーを投げた俺の動き全般』は『今の俺の体に適した動きではなかった』ということが……)

 などと、センが、
 『自分自身の謎』に悩んでいると、
 トコが、

「ちなみに……どっか、体に異常とかあるか? 何かあるなら、どんな細かいことでもええから、教えてくれ」

「別にないさ……筋肉痛がウザいが、異常な痛みじゃないから、三日もすれば落ち着くだろう」

「ほうか……ほな、あらためて質問させてもらう。あんたは、ナニモンや?」

 その問いに対し、
 センは、間髪入れず、





「センエース。探偵さ」





 脊髄反射でそう答えた。
 そのあまりに不可解な回答に対し、
 トコは目を丸くして、

「え、探偵なん?」

「……気にするな。ただのテンプレだ。もっといえば、純粋にスベっただけだ」

 つい、ノリだけで発言してしまったことに対し、
 正式に謝罪しつつ、

「正直、自分でもよく分からん。格闘技なんかやったことないのは『この体の痛み』と『そもそもの貧弱さ』が、シッカリと証明してくれているのに、なぜか、俺の体は、まるで、『数千年単位の鍛錬』でも積んだみたいに、『命の壊し方』を、これ以上ないほど正確に熟知している……」

 『億』という単位の時間をかけて求め続けたのは、
 『命の壊し方』ではなく、
 『命の守り方』なのだが、
 今のセンに、そんな真理は理解しえない。

 ――センは、自分の両手をみつめながら、

「俺自身が一番教えてほしい。俺が何なのか……これまでの十数年、ずっと、ヒョロガリをやってきた俺が、どうして、バケモノを殺せたのか……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く