『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

68話 中心を殺した。

 68話 中心を殺した。

(生まれてこの方、一度も、剣を握ったことなどないのに……なんで、今、俺は、こんなにも、シックリとした感覚を覚えているんだろうねぇ……あと、俺は、なんで、魔力がどうとか、わかるんだ? もう、いろいろ、さっぱりだ……)

 自分に対する深い疑問を抱きつつも、
 センは、
 静かに呼吸を整えて、
 心身を一致させると、
 世界と調和しつつ、

 ゆったりと、



「――細転一閃(さいころいっせん)――」



 などと、
 テキトーに、頭に浮かんだ必殺技名をつぶやきながら、

 真一文字に、剣を薙いだ。

 シュンッ、

 と、小気味いい音が響き渡る。
 次元が裂けた気がした。

 そう思ったと同時、
 ロイガーの肉体が、

 バラバラバラッ……ッ!!

 と、サイコロステーキサイズの細切れになった。
 一瞬の出来事。
 センの刃は、わずかな抵抗すら許さず、
 ロイガーの全てを切り刻んだのだった。

 ――この上なく美しくバッラバラになったロイガーの肉体は、
 風に吹かれると、
 雪の結晶みたいに、
 スゥっと溶けていった。

 その様子を見ていたトコは、

「ころ……した……ぇぇ……うそぉ……なんで……ただ、刃物で切っただけで、GOOが、どうして……え、なんで……?」

 当たり前のパニックに陥っていたが、
 どうやら、頭の一部分だけは、冷静だったようで、

「ぁ、あっ! で、でも、蘇生するんやない?!」

 ロイガーが言っていた言葉を思い出し、
 自動蘇生することを恐れたが、
 しかし、


「――『中心』を殺したから、無理……こいつの魔カードに込められている蘇生魔法は、核ごと蘇生できるほど上等なモノじゃない」


「ぇ、なんで、そんなこと知っとるん……?」

「知っているワケじゃねぇよ……そんな気がするだけだ」

「気がするだけかい!」

「けど、たぶん、合っている……なんでか知らん……マジでわからん。俺は、なんで、そんな気がしているんだろう……なんで、こいつを、殺せたんだろう……」

 ブツブツ言いながら、
 センは、

「俺、思うんだけど……これ、たぶん、夢だよな? うん、夢だ……そうじゃなきゃおかしい……もう、いろいろおかしい」

 などとつぶやいていると、
 センは、

「……ぁっ……」

 ガクっと、
 その場に倒れこむ。

「えっっ、ちょぉっ?! ――だ、大丈夫かっ?!」

 かけよってきて、センを支えるトコ。

 センは、朦朧としながら、

「ほら……やっぱり夢だ……そろそろ目が覚める感じだ……その証拠に、フワァっと、意識が……遠く……」

 その言葉を最後に、
 カクンっと、気を失ったセン。

 ――単純な話。
 脳が『人の限界』をゆうに超えて、過剰に働きすぎたから、パンクした。
 ゆえに気絶した。
 それだけ。

「ちょっ……死んでへんやろな?! マナミ! 回復魔法! いそげ!」

 無意識のうちに、心と体と神経をすり減らし、
 限界を超えて摩耗しつした結果、
 糸の切れた人形みたいに昏睡するセン。

 ――はためには『楽勝』だったように見えるが、
 実際のところはそうじゃない。
 ロイガーとの対面において、センが、
 マイクロ単位のわずかなミスを、
 ほんの一つでも犯していたら、
 バラバラになっていたのは、
 ロイガーではなく、センの方だった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く