『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

65話 お前を殺す。

 65話 お前を殺す。

「やべぇヤツらだってことは最初からわかっていたが……まさか、ここまでだとは思わなかった……エグすぎる……お前ら、キショすぎる……」

 センは、心底、しんどそうに、
 そう言ってから、

「これ以上、お前らと一緒にいたら、頭がバグりそうだ」

 吐き気を我慢している顔で、そう言いつつ、

「というわけで……」

 ――ギリッと、
 殺意のこもった目で、
 ロイガーを睨み、

「俺は、俺の頭を守るために……」

 ロイガーに対して、
 ハッキリと、


「――お前を殺す」


 そう言った。
 豪快に、迷いなく、まっすぐに。
 センは、殺気を垂れ流す。

 センの宣言を受けたロイガーは、
 アホを見る目で、センを睨み、


「……ん? なんだって?」


 と、どこぞのラブコメ主人公のようなオトボケをかまし、

「私を……どうするって? 悪いが、空耳に邪魔されて、いまいち、聞き取れなかった。まさか、貴様ごときが、私を殺すなどと言うはずもなし……というわけで、もう一度、大きな声で、ハッキリと言ってくれ。私を? どうするって?」


「お前を殺す」

 ハッキリと、
 そう宣言したセンに対し、
 ロイガーは、一度、ため息をついてから、

「……バカか、お前……」

 心の底からの言葉をつぶやき、
 その上で、

「自分が何を言っているか、わかっているか? いや、わかっていないだろうな。貴様は、私の狂気にあてられて、完全に発狂している」

「まだ発狂してねぇよ。怖くて、しんどくて、苦しくて、たまらねぇが……まだ、ギリギリのところで、正気を保っている」

「ならば、視点を見失うはずがない。……貴様が殺さなければいけない相手は、そこのイカれた女だろう? あきらかに、貴様は、恐怖の底で錯乱している」

「何度も言わすな、俺はまともだ。薬宮の狂気にあてられて、一瞬、バグりそうだったが、ギリギリのところで耐えた。まだ俺のSAN値は残っている。……しかし、このまま、こいつらと一緒にいたら、いい加減、バグりそうだから、早急に、お前を殺して、家に帰って、グッスリ寝ようと思う」

「……貴様のようなカスが、私を殺せるわけがないだろう」

「ああ、俺もそう思うよ」

「……やはり、錯乱しているようだな。自分で自分がどんな言動をしているか、理解できていない。現状が見えていない」

「ちゃんとわかっているさ。現状は、お前を殺さないと、いろいろマズいっていう、だいぶアグレッシブな瀬戸際。正直、めちゃくちゃ厳しい局面だが……しかし……」

 グっと両の拳を握りしめ、

「それでも……俺は叫び続けたい。自分のワガママと心中したい。無茶は承知。お前は強くて、俺は弱い。全部分かった上で……それでも……いや、だからこそ、俺は叫ぶんだろう、きっと、たぶん、おそらく」

 『特に意味のない言葉』を、
 ダラダラと並べ終えると、

 そこで、
 センは、
 胸を張り、

 堂々と、



「……ヒーロー見参……」



 覚悟を謳う。
 『最後まで抗い続ける』という意地を見せる。

 そんなセンに対し、
 ロイガーは、

「……本物のバカだな、こいつ……」

 心底しんどそうな顔で、本気の『呆れ』を垂れ流す。

「……まあ、どうしてもやりたいなら、別に遊んでやってもかまわないが……その場合、盟約は全てなかったことになる。貴様も、そこの女どもも、全員死ぬ。それでもいいか?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く