『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

64話 際立って愚かなヒーロー。

 64話 際立って愚かなヒーロー。

 ガンとして、
 意見を変えないトコ。

 彼女の、狂気的な目を見て、
 センは、ようやく気付く。


「……は、発狂してやがる……この女……」


 彼女の全てを理解したワケではないが、
 ここまでの態度と言動から、
 センは、
 『薬宮トコ』が『どういう存在』であるかを理解した。

(この世の中には、何があっても、絶対に『核爆弾のスイッチを与えてはいけない人間』がいるが、こいつはその中の筆頭だ。紅院の言う通り……こいつにだけは『選択肢』を与えてはいけない。こいつは狂っている)

 薬宮トコは『道理が理解できないバカ』ではない。
 むしろ、もっとタチの悪い真正のバカ。

(こいつは、なんだかんだと言い訳をしながら……結局のところ……)

 巨視を解する判断能力を持ちながら、
 しかし、それでも、

(……『俺を助けようとしているだけ』だ……『自分の命』をかけて……何が何でも、俺を助けようと必死になっている……)

 『目の前の痛み』に寄り添う事しか出来ない、
 ケタ違いに歪な『壊れ方』をしているバカ女。

 『自分が死のう』が『世界が滅びる可能性を提示されていよう』が、
 それでも、『目の前の痛みに寄り添うこと』を『優先する』という、
 常識的視点では、まったくもって、理解しえない大馬鹿女。

 たまに漫画やアニメで降臨する、
 いわゆる『セカイ系』の変態。

(こいつの、この『イカれた献身』は……『俺に対してだけ見せる特別な愛情』とかではない……これは……こいつの本質……『狂気的』としか言いようがない、生粋の『優しさ』……)

 ここまでくると、もはや、
 『優しさ』と呼んでいいものかどうか微妙だが、
 しかし、突き詰めて言えば、結局のところ、
 トコのソレは『優しさ』にカテゴライズされる。

 命に対する慈愛。
 異常極まる情の深さ。

 『本当に困っている人』がいたら、迷わず手を差し伸べる。

 『本気で苦しんでいる人』がいたら、命を捨ててでも救い出す。

 『マジで殺されかけている人』を目の前にしたら、
 理性の制止をガン無視して、
 『その人の盾になろう』と問答無用で走り出す。

 そんな、『人』の域をはるかに超えた、
 愚かな『ヒーロー』の視点。

「お前、そんな『異常性格』で、よくも、まあ、今まで生きてこられたな……」

 沸き上がった純粋な疑問。
 そこで、センは、
 チラっと、紅院を見て、

「……お前が守ってきたのか……あのヤベぇ女を……ずっと……」

「家族だから……当たり前でしょ」

 ミレーは、はじめて、トコの異常さを理解した時、
 普通に、

『なに、この子、気色が悪い』

 ――と思った。
 それが本音。
 偽りない心の叫び。

 しかし、同時に、

 『この上なく美しい』

 ――とも思ってしまった。


 『おぞましさ』と『美しさ』は表裏一体。

 薬宮トコのいびつな美しさに、
 紅院ミレーは、惹かれてしまった。

 『薬宮トコを守るのが、自分の使命だ』
 なんて、そんなことまで思ってしまった。



「……きっしょいな、お前ら……」



 センは、まっすぐな本音を吐露してから、

「やべぇヤツらだってことは最初からわかっていたが……まさか、ここまでだとは思わなかった……エグすぎる……お前ら、キショすぎる……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く