話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

63話 狂気の頑固さ。

 63話 狂気の頑固さ。

「あたし、たまに、ミレーやツミカと、ポ〇モン対戦するんやけどなぁ。ここぞという場面で『きあいだま(命中70%)』をつかって、当たったためしがないねん」

「……」

「というわけで、あとのことはよろしく」

 そう言い切ったトコに対し、
 センは、一度、息を呑んでから、

「ば……バカか、お前。俺は、携帯ドラゴンの適正がないんだろ? 適正なしの100%よりも、適正ありの70%の方を選ぶべきだろ」

 そう言いながら、
 センは、紅院の方に視線を向けて、

「紅院、お前からも、ガツンと言ってやって……って、どうした? なんで、頭を抱えている?」

「無駄。その顔をしている時のトコは、誰が何を言っても、絶対に意見を変えない……」

「……」

「その子の頑固さは異常なの。平常時は『たいていの状況』に対して、そこそこ器用かつ柔軟に対応できるけど……『腹をくくってしまった時』は、誰が何を言おうと、絶対に意見を変えない。トコが、運命の選択肢を握った時点で、色々と終了なのよ……だから、トコにだけは、選択肢を与えちゃいけないのに……ほんとうに、もう……」

「……なんだかよくわからんが、そう簡単にあきらめるなよ。とりあえず、まずは、いったん、普通に説得してみようぜ」

「もちろん、私だって、トコが生き残ったほうがいいと思う。けど、こういう時の、その子は……本当に、エゲつないほど頑固でバカなの……だから、むり。世界はもう終わり」

「……いや、だから、あきらめるのが早ぇって……世界がかかってんだから、もうちょっと粘ろうぜ」

 そう言いながら、
 センは、視線をトコに戻し、

「別に自殺願望があるワケじゃないんだが……どう考えても、ここは、お前が生き残るべきだろ。ここで俺がお前を説得するってのは、実際のところ、だいぶおかしな話だが……しかし、この状況は、どう考えても、俺ではなく、お前を残すべき。というか、なんで、俺を選択するんだ? 意味がわからんのだが?」

「70%は信用できないから。以上。単純な話や」

 ガンとして、意見を変えないトコに、
 ロイガーが、

「では、100%にしよう。貴様が、そのカスを、凄惨に殺せば、貴様は助かる。これで、どうだ?」

「なんで、そんな、コロコロ、条件が変わるん?」

「私の勝手だ。私のワガママに付き合わなければいけない自分の弱さを恨め」

「……ウザいなぁ」

 そうつぶやくトコに、
 センが、

「ふふん。これは、もう、俺を殺すしかないだろ」

 と、なぜか、得意気にそう言うと、
 トコは、

「んー」

「なにを悩んでんだよ。悩む理由がどこにある?」

「あんた、グールを倒したっていうたな」

「あん? ああ、それが?」

「生身でグールを倒せるヤツは、ただものやない。もし、あんたが携帯ドラゴンを手に入れたら、あたしよりも確実に強い。というわけで、あんたが生き残る方が、世界のためにもなる。以上」

「……いや、だから、俺には適性がないんだろ?」

「適性がなくても、召喚できる方法が、探せばあるかもしれん。後衛デバフ担当のあたしだけ生きのこったって、先はしれとる。というわけで、あんたが生き残れ」

 徹底して、ガンとして、
 意見を変えないトコ。

 彼女の、狂気的な目を見て、
 センは、ようやく気付く。

「……は、発狂してやがる……この女……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く