『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 トロッコ問題ですらない。

 62話 トロッコ問題ですらない。

「貴様らを殺したあとは、テキトーに、退散させてもらうことにしよう。私が帰ったあとで、好戦的なGOOが召喚され、結果的に、人類が滅ぶという可能性はあるが、そんなものは、私のあずかり知らぬところ」

「ふむ……」

「盟約の内容を、もう少し、具体的にしようか。あのカスが、貴様を殺すと、あのカスは助かる。助かるのは、あのカスだけだ。他のヤツは全員殺す。……この盟約を拒むなら、貴様ら全員を殺す。これは、最後の譲歩。交渉には一切応じない」

 そこで、トコは数秒考えてから、

「……整理してもろたら、めっちゃ簡単な問題になったな。……当たり前の話やけど、全員死ぬよか、そっちの方がマシ……」

 そうつぶやくと、

「よし。閃。あたしを殺せ」

「……おいおい」

「いや、わかるで。あんたの言いたいことも。けど、このままやったら、全員死ぬ。全員死ぬか、一人は生き残るか。その二択を前にして、悩む必要は皆無やろ。こんなもん、トロッコ問題にもなってへん」

 一人を殺して五人を助けるか、
 それとも、
 五人を殺して一人を助けるか。

 この二択ならば、倫理的な意味で『悩む理由』は存在するが、

 『全員死ぬ』か、
 『一人は生き残る』か、
 という二択のどこに悩む理由があろうか。

「ロイガーの気が変わらんうちに、さっさとあたしを殺せ。そんで、あたしらが死んだことを300人委員会に連絡してくれ」

 覚悟を示してみせたトコを横目に、
 ロイガーが、



「ここまで、アッサリと死を享受されると、さすがに興醒めだな」



 などと、面倒なことを言い出す。

「ほれ、みてみぃ! あんたが、さっさと、あたしを殺さんから、また、アホが余計なことを口走りそうやで!」

 そんなトコの悲鳴をシカトして、
 ロイガーは、

「……ほぼ一択という選択内容に問題があった。というわけで、薬宮トコ……貴様にも条件を出す。あのカスをその手で殺せ。そうすれば、70%の確率で、貴様を助けてやる」

「……」

「確率は遵守すると誓う。70%を引けば、必ず助けてやる。……あのカスが貴様を殺した場合、あのカスは確実に助かる。貴様が、あのカスを殺した場合、70%の確率で、貴様は助かる。さあ、どっちにする?」

 その質問を受けて、

「前者に決まっとるやろ、アホか、お前」

 と、トコは即答した。
 それには、センが驚いて、

「えぇ……いや、おいおい……お前、頭どうなってんだ?」

 そんなセンに対し、
 トコは、シレっと、

「あたし、たまに、ミレーやツミカと、ポ〇モン対戦するんやけどなぁ。ここぞという場面の『きあいだま(命中70%)』が当たったためし無いねん」

「……」

「というわけで、あとのことはよろしく」

 そう言って、両手を広げるトコ。
 『さっさと殺せ』と体で表現している。

 そんな彼女の狂気に、
 センはゾクっとした。

 決して『魅力を感じた』という意味ではない。
 純粋な『寒気』の方。
 『SAN値が下がった』と言ってもいい。

 奇妙な感覚に包まれる。
 目の前にいる女に対して、
 どう表現すればいいのか一ミリもわからない感情を抱いた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く