『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

61話 殺してもいい?

 61話 殺してもいい?

「仮に『薬宮の懇願(こんがん)』が通っていた場合、結果的に、俺も助かっていたとは思うが、あくまでも、俺は『ついで』でしかない。その辺はちゃんと区別しておくべきだと思うぞ」

 そこで、センは、薬宮トコに視線を向けて、

「な、そこは、お前的にもそうだろ?」

「……ど、どうでもええわ……そんなこと……マジで……」

 本当に、心底どうでもよさそうに、
 そうつぶやいたトコに、
 センは、

「まあ、状況が状況だからな。そういう点に関して、どうでもよくなる気持ちはよく分かるんだが、けれど、俺は、そういうところを大事にしておきたい妙なタチなんでね。メンドくさくて悪いね」

 などと、無意味な言葉を並べて揃えてから、
 ロイガーに視線を向けて、

「というわけで、ロイガー、お前の提案は、根本からズレている。仮に、俺が、薬宮を殺したとしても、お前が期待するような『胸クソ展開』にはならない。もし、どうしても『そういう提案』がしたいのであれば、俺ではなく、紅院か、黒木にするべきだ。……あ、ちなみに、茶柱に提案するのは、やめておいた方がいいかもしれない。あいつも、どっちかと言えば、俺寄りな気がする」

 などと、たんたんと語るセンに対し、
 ロイガーが、いぶかしげな顔で、

「貴様、異様に冷静だが……状況が分かっていないのか?」

「いや、わかっているよ。わかっているからこそ、キッチリしておきたい。わかる? この感じ」

「まったくわからん」

「あ、そ。まあ、別にいいけどね。わかってほしいとは思っていないから」

 そう言ってから、
 センは、 トコに視線を向けて、

「ちなみに、どうする? 仮に、さっきの話を素直に受け入れた場合、どうやら、俺は、『お前を殺したら助かる』みたいなんだけど。……殺してもいい?」

「……どんな質問してんねん」

「いや、こういうところは、ちゃんと整理しておいた方が、そっちとしても話を進めやすいだろ? もう、なんだか、いろいろ、しっちゃかめっちゃかになっちゃっているし」

「……ま、それはそうやけど」

「というわけで、俺の質問に答えろよ。その結果をもとにして、また、ロイガーさんに、次の提案を出してもらおうぜ」

 などと、微妙にフワフワしたことを口にするセン。

 トコは、数秒考えてから、
 ロイガーに視線を向けて、

「……ほんまに、閃があたしを殺したら、閃のことを見逃すんか?」

 そう問われたロイガーは、

「ああ、私の名に懸けて誓おう。これは盟約。私の魂魄に刻む約束」

「……ちなみに、ロイガー。あんたは、ここで、あたしを殺して、どうするんや? その勢いのまま、世界を終わらせるっていうんやったら、それは『閃を見逃す』とはならへんで」

「そうだなぁ……貴様らを殺した後は、元の場所に帰るために、この星の全てを生贄にしようかとも考えていたが……私的には、別に『どうしても人類を滅ぼしたい』とは思っていないから……貴様らを殺したあとは、テキトーに、魔力の高い惑星か恒星を生贄にして、退散させてもらうことにしよう。私が帰ったあとで、好戦的なGOOが召喚され、結果的に、人類が滅ぶという可能性はあるが、そんなものは、私のあずかり知らぬところ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く