『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

60話 満足かい? このブタ野郎!

 60話 満足かい? このブタ野郎!

「ここにおる人間の中で最も価値があるんはあたしや。単純に『瞬間火力の大きさ』だけやったら、あそこにおる赤髪の脳筋の方が上やけど、総合的に見て『この世で最も価値がある美少女』は、ぶっちぎりで、このあたし。薬宮トコこそが人類の至宝」

「……くくく。随分とほざくじゃねぇか。で、結局、何が言いたい?」

「そのあたしを殺せるんや。他は何もいらんやろ」

「……ふふ……はははははは!」

 ロイガーは、心底から楽しそうに笑ってから、

「――ここで『貴様にそれほどの価値はない』なんて反論するのは野暮なんだろうな。くく……本当に楽しい時間だ。――で、まだ何か歌うか? どうせだから、最後まで聞いてやるよ」

「この星がなくなったら、あたしの大事なものが全部死ぬ……それはイヤや……あたしの家族を……親友を……殺さんといてくれ。頼む」

「ふむ、で?」

「頼む」

「同じ事しか言わないなら、特に面白くもない。ネタ切れなら、ここでお開きにしよう」

「……頼む。……あいつらだけは……」

「不愉快だな。貴様の、その安っぽい自己犠牲は、私を心底イラつかせる」

 その発言に対し、
 トコは、キっと顔を上げて、



「自己犠牲なんかやないと言うとるやろ、ハゲェ! おどれの間脳、どないなってんねん! 人の話はちゃんと聞け、ボケェ!!」



「……」

「イヤなもんをイヤやっていうてるだけじゃ、くそったれ! あいつらを殺されるんはイヤなんじゃ、カス、ごらぁ! おどれごとき『チ〇カスの成りそこない』は、宇宙一の美少女であるあたしのお願いを、黙って聞いとけばええんじゃ、あほんだらぁ! どうじゃい! 実にワガママお嬢様らしいやろう! 悪役令嬢感がエゲつないやろがい! これで、満足か! ブタ野郎!」

「非常に不愉快」

 ロイガーはそう言うと、
 トコから視線をそらしつつ、
 トコに対し、

「今から、貴様以外を全員殺す。徹底的に痛めつけて、ふみにじる。そのあとで、貴様を殺す」

 そう宣言すると、

 センを指さし、

「まずは、あそこにいる『最も酷いカス』から殺す」

 そう言いながら、ニタリと笑い、
 センに視線を向けて、

「……そこの『モブ面(づら)』よ、今から、私は、貴様を、ジワジワとなぶり殺しにする。恨むなら、ここにいるバカ女を恨め。本来であれば、一太刀で殺してやるつもりだったが、この女の気色悪さが、私に、凄惨な殺意を抱かせた。すべては、この女の責任。わかったな」

 意味不明な論理を口にした直後、
 何かを思いついたように、
 ロイガーは、ニっと笑い、

「そうだ。面白いことを考えた。貴様に一つ、選ばせてやろう。『貴様を守ろうとした、この女』を、貴様の手で殺せ。そうすれば、貴様の命は見逃してやる」

 そう言ったロイガーに対し、
 それまで黙っていたセンは、
 ひどく冷めた顔で、


「いや、それ、どういう勘違い? 薬宮は、俺を守ろうとしたんじゃなくて、自分の友達を守ろうとしただけだろ。俺は、断じて、薬宮の友達じゃねぇ。薬宮にとって、俺は、ビックリするくらい赤の他人だ。もっと言えば、現状、俺は『ノゾキの容疑者』だから、むしろ、敵対関係にあると言える」


「……ん? 敵対? ……ぇ……そうなのか?」


「仮に『薬宮の懇願(こんがん)』が通っていた場合、結果的に、俺も助かっていたとは思うが、あくまでも、俺は『ついで』でしかない。その辺はちゃんと区別しておくべきだと思うぞ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く