『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 サービスタイムは終わったのさ!

 56話 サービスタイムは終わったのさ!

「さて、もう、お喋りは、おなかいっぱいだ。さっさと、かかってこい」

 そう言って、右手でクイクイと手招きするが、しかし、

「「「……」」」

 美少女たちは固まって動けない。

「ん? どうした? 来ないのか? もしかして、私が怖くて体が動かないのか? では、こうしよう。現在、私の体は、戦闘中に自動展開される『ドリームオーラ』という強力な障壁魔法によって守られているのだが、それを解除しよう」

 宣言した瞬間、ウムルを覆っていたオーラが掻き消えた。

「さあ、これで、貴様らのカスみたいな攻撃も、それなりには通るはずだ。ん? まだハンデが足りないって? じゃあ、どうする? 両手足を縛って、かつ、目隠しでもしてやろうか? それでも足りないか? はははっ」

 そこまでふざけたことを言われて、
 さすがにトコもカチンときたのか、

「……クソったれがぁ」

 吐き捨てるようにそうつぶやく。
 それなりの『常識的視点』を有しているトコでも、
 やはり、『最上級お嬢様』として生きてきた時間が長いので、
 結構な『濃度の高いプライド』を有している。

 『もともとの根性』と『強固なプライド』を刺激され、
 トコは、ギギギっと、夜に響き渡るくらい、
 大きな音の歯ぎしりをしてから、

「ほんま、とことんナメとるなぁ! しゃーないとはいえ……普通に腹が立つ! あんたがスゴいんは分かったけど、だからって、全部を諦めきれるほど、こちとら、世界に対して未練がないワケやないんじゃい!!」

 腹の底から声を出し、

「あんたの100分の1以下でしかないとはいえ、こっちも、これまで、必死こいて命を積んできたんじゃ! せめて、かすり傷の一つや二つくらいはつけてから死んだる! 全身全霊、命も世界も全部を賭けて、あたしをナメた代償は大きいって事を教えたるわ! ……ミレーがなぁ!」

「トコさん……キメ顔中に失礼しますが、他力本願極まりない今のセリフ、とてつもなくカッコ悪いです」

「ええねん、別に! ミレー、ほんま、頼んだで!」

 トコの言葉にうなずいた直後、
 紅院は、腹の底から、



「火霊ドライブ起動! 右腕リミッター解除! クリムゾンスラッシャー接続!!」



 宣言すると、紅院の存在値が大幅に上昇する。
 全身を包み込むローズレッドにワインレッドを垂らしたようなオーラ。
 特に、右手が、燃え上がるようなエネルギーを捻出している。

 ガチャガチャっと音をたてて、
 右腕に接続された『炎鬼の魔力を放つ巨大な剣』が唸りをあげる。

 刃の部分はチェーンソーで、
 刀身の背面に七つのバーニアがついている凶悪な形状のエンジンブレイド。


「リミッターを解除してしまったから、一撃が限界! 初手に全てをかけるわ。総員、全力で援護して! あいつを殺す!!」

 殺せるとは思っていない!
 しかし、気概を叫ばずにはいられなかった!
 それだけ!

 ――特攻をしかけてきた彼女の姿を見て、ロイガーは、

「おっと……変身だけではなく、『存在値増幅装置(ドライブ)』まで使えたのか。さすがに、それは、ちょっとしんどいな。――我が身を守れ、ドリームオーラ!!」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く