『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 薬宮トコの呪い?

 55話 薬宮トコの呪い?

「自己紹介はこの辺にしておこう。――さあ、まだまだ闘いは始まったばかりだ。存分にあがけ。これが、人類最期の闘いだ」

 そこで、トコが、紅院をかばうように、前へと出て、

「一個、聞いてええか?」

「なんだ?」

「……確認なんやけど、あんたはアウターゴッドやないんやな? 2000年を積んだという、あんたのその過剰な強さ、何したって勝てる気がせぇへん絶望的なレベルなんやけど、それでも――」

「……私は、GOOの中だと最上位に位置するS級の神格だが、外なる神々とGOOの間には、決して越えられない壁がある。神は遠いのだ。貴様らが想像するよりも、ずっと。神の領域に届こうと思えば、2000年程度では話にならない。最低でも『数万の時』を必要とするだろう」

「……なるほど。それがアウターゴッドか。そら、召喚されてもうたら、星が終るっていうんも分かるなぁ」

 と、つぶやきつつも、
 心の中で、

(……もし、あたしにかけられとる『アウターゴッド召喚の呪い』が解けへんかったら、あたしは『自殺するしかない』って訳やな……まあ、わざわざ世界のために自殺せんでも、普通にここで殺されそうやけど)

 などと『ずいぶん意味深なこと』をつぶやくトコ。

 そんなトコの様子に興味はない感じで、
 ロイガーは、

「さて、もう、お喋りは、おなかいっぱいだ。さっさと、かかってこい」

 そう言って、右手でクイクイと手招きするが、
 しかし、

「「「……」」」

 美少女たちは固まって動けない。

 極めて純粋な話。
 ロイガーの話を聞いたことで、
 純粋に絶望してしまったのだ。

 彼女たちは、今日までに『15年前後』という時を生きてきた。
 たった15年の中でも、地獄や苦悩は、何度も経験してきた。
 多くの苦難・逆境を乗り越えて、
 彼女たちは『今日』にたどり着いた。

 その『100倍』を超える地獄を積んで、
 今、ロイガーは、彼女たちの前に立っている。

 //『ロイガーの1000万倍を積んだ変態』の『狂気』を知っている者の視点では、ロイガーの功績などぬるいと感じるだろうが、実際の話、『2000年』は、ただ事ではない数字。その『10分の1』の『200年』だったとしても『積み重ねた時間』と考えれば、普通に『とんでもない偉業』といえるし、そのさらに『10分の1』の『20年』で考えても『没頭した時間』と考えれば、大喝采の賞賛に値する。
 仮に、どこかの『頭おかしい作家』が『毎日2話投稿』という狂気を、20年連続という単位で達成したとしよう。そうなったとき、多くの人が、そのヤベェ作家の『偉業』を称えるだろう。よほどのアンチであっても『さすがにスゴイ』と思わざるをえないだろう。20年という数字には、実際問題、それだけの『重み』がある。
 ロイガーは、そんな狂気の10倍の、さらに10倍を、積んだのだ//



 ――その『事実』を紅院たちは『正しく理解』した。
 『時の重み』を、ただの数字ではなく、正確に受け止めた。

 ゆえに絶望する。

 ――『2000年を積んだ神様』に『10数年しか生きていない小娘』が、何人束になってかかろうと、勝てるわけがないだろう、ふざけるな――

 この結論に至るのは、むしろ、至極当然の話。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く