『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

54話 特製ソウルゲート。

 54話 特製ソウルゲート。

「魔法とは、幽界の虚数エネルギーを顕界(けんかい)へと確定させていく高次演算。その処理過程は、当然だが、複雑で難解。貴様らのようなほんの数年しか魔法に触れていないガキが、優に数千年を超える修練を経てきた私に、魔力を用いた闘いで勝てる訳がない」

 首をしめられ、苦しんでいる紅院。
 そんな彼女の顔を、ロイガーは、嗜虐的な顔で眺めながら、


「どうだ。低級のGOOとは、すべてにおいて、格が違うだろう? これが、S級GOOの力だ。貴様ら人間が、どんな兵器を使おうと、相手にならない高み。私はそこにいる」


「はな……せぇ……」


「ん? なんだ、はなしてほしかったのか? ああ、構わないぞ。はやく言ってくれればよかったのに」

 そう言うと、本当にあっさりと手を放した。

 地に落ちた紅院は、喉をおさえながら、

「げほっ、ごほっ」

 と、酸素をかきこむ。

 そんな紅院を見下ろしながら、
 ロイガーは、自尊心全開、優越感MAXの顔で、



「――貴様ら『ソウルゲート』を知っているか?」



 その質問に、
 少し離れた場所で『紅院の支援』に徹していた黒木が、
 おずおずと、

「……神様だけが使用可能な……自分で使用時間を設定できる……『精神〇時の部屋』みたいなもの……」

 いつもとは違い、場の空気を読んで、
 端的に、短く答える。

「的確な認識だな。魔導書に書いてあったか?」

「……ええ……」

「GOOは低位でも、一応、『神格』としてカテゴライズされる。だから、私の前にも扉が開いた。実を言うと、つい数時間前まで、私は、いまよりもはるかに弱い神格だった。しかし、ソウルゲートで『2000年』という永き時を積んだ結果、この領域にまでたどり着くことができた」

 ロイガーは、自信満々の顔で、

「おまけに、私の前に開いたソウルゲートは、魔力の総量を上げることも可能な特注品でな……厄介な『アリア・ギアス不退転の呪縛』を背負うハメにはなったが、おかげで、私は、最高位のGOO……『S級のグレートオールドワン』へと昇華することができた」

 自分の功績を誇示する。
 続けて、

「苦しかったぞ……2000年……想像できるか? いや、出来ないだろう。貴様ら人間のような『体も魂も脆弱な下等生命』では、私の苦悩、私の地獄を、想像することすらできないだろう」

 そこで、ロイガーは天を仰ぎ、

「本当に、苦しかった……ただひたすらに『己が魔力と向き合うだけの日々』を、2000年……辛かった、地獄だった……幾度となく灰になりかけた……」

 ソウルゲートでの日々を思い出し、
 つい、涙ぐんでしまうロイガー。
 続けて、

「だが、私は乗り越えた。そして、GOOの最果てにたどり着いた。私は神格の中でも、格別な『器』を持つ最高位の高次生命。人ごときが抗える存在ではないのだ」

 堂々と、そう言い切ってから、
 ふところ広く、両手を広げて、

「自己紹介はこの辺にしておこう。――さあ、まだまだ闘いは始まったばかりだ。存分にあがけ。これが、人類最期の闘いだ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く