『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 さっきまでの時間、なんやったんや……

 52話 さっきまでの時間、なんやったんや……

「あたしらが死ぬ前に、『想定外の救援』がきて、ロイガーを倒せたら人類は助かる。隠し玉なんかなくて、救援もクソもなく、ただただ、あたしらが殺されたら、そのまま世界も終了。以上」


「……なるほど」

 そこで、トコは、
 うーん、と、伸びをして、

「ほな、そろそろ戦おうか。……流石に、無限には待ってくれんやろうから」

 そう言いながら、トコは、
 屈伸や、肩回しをしながら、

「……グチ聞いてくれて、ありがとう。おかげで、ちょっとだけ、心が軽くなった」

「情報を収集しただけだ。礼を言われても挨拶に困る」

「はははっ、さよけ」

 そう言って、
 トコは、ロイガーと向き合う。

 紅院と黒木と茶柱も、
 すでに、戦闘準備は出来ている。

「ほな、閃。連絡係、任せたで」

 そう言ったところで、
 ロイガーが、

「作戦が固まったようなので、言っておく。この場から逃げようとした者は殺す。率先して狙う。そこにいる『イスの遺産すら持たないザコ二匹』に警告する。『我先に死にたい』という欲望がない限り、動かない方が賢明だ」

 その宣言を受けて、
 トコは、渋い顔になり、

「……おいおい、さっきまでの時間、なんやったんや」

「知るか。私は、私と戦う算段を立てろと言ったまで。貴様らの作戦を遂行させてやるとは一言も言ってはいない」

「連絡くらい、させてくれてもええんとちゃう? このままやったら、確定で、あんたのワンサイドゲームやで? それはおもろないやろ?」

「面白いかつまらないかなど、どうでもいい。私は私の役割を果たすだけだ」

「役割……ねぇ」

 ロイガーの『含みのある発言』に対し、
 色々と頭が働くところだが、
 しかし、現状では、考えたところで答えが出るものでもない。

 ゆえに、トコは、追及することなく、
 静かに自分自身と向き合う。

 そんなトコに、
 ロイガーは、無感情に、
 たんたんと、

「作戦を立て直すというのなら、待ってやるぞ。どうする?」

「変に親切やったり、妙に強かったり、もう、わけがわからんな……」

 そうつぶやいてから、
 トコは、紅院たちに視線を向けて、

「どうする? なんか、戦闘プランたてる?」

 そう声をかけると、
 紅院が、

「もういい。やるだけやって、まっすぐ死のう」

「……はは、まあ、もう、現状は、それしかないわな」

 そう言ってから、
 パンッ!
 と、両手で、自分の頬を叩いてから、

「――さあて、ミレー。ショータイムや。全力で援護したるから、あのクソったれに、一泡吹かせたれ!」

 トコの激励を合図に、
 紅院は、グっと奥歯をかみしめて、



「……トランスフォーム。モード・GOO/レベル2」



 宣言した瞬間、紅院の体が、真っ赤な闘気を放つ龍化外骨格に包まれた。
 脈動するジョイントは焔(ほのお)を纏っていて、時折、黒煙を吐きだしている。
 顔だけが見えている兜の額には、燃え盛る火炎を象った猛々しいブレードアンテナ。


 それを見て、ロイガーは、

「ふむ……なかなか強いじゃないか。中級GOOクラスと言える魔力だ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く