『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

49話 アホばっかり。

 49話 アホばっかり。

「ごめん? はぁ? 何が? まさか、自分のアホさ加減を謝っとんの? もし、せやったら、気づくん遅すぎやで」

「守ってあげられなくて……ごめんなさい」

「……最後まで姉貴気取りか。腹たつわぁ」

 トコは、薄く微笑んでから、キっと表情を締めて、

「ヒドラ……一緒に死んでくれるか?」


 言葉を投げかけられて、
 二頭身のドラゴンは、パタパタと空を飛びながら、

「きゅいっ」

 と元気よく返事をする。
 飼い主に似て気合いが入っている。

 ――トコは、視線を、ロイガーに固定させたまま、

「マナミ。ツミカ。南雲。……あと、閃。あんたらは逃げぇ。あたしとミレーの二人で、どうにか――」



「アポロ、いけますか?」

「メギド、なんか、おもしろそうだから、ちょっと、手を貸してほしいにゃぁ」



 アポロは若干怯え気味だが、決して目は死んでおらず、
 メギドは、飼い主に似て、ポケーっとしている。


 臨戦態勢に入った二人を尻目に、トコは苦笑する。


「……アホばっかりやなぁ。しゃーない、南雲。あんただけでも逃げぇ。それで、この緊急事態を全世界に伝えるんや。とりあえず、まずは、この名刺の番号に連絡を入れて、あたしらがガチでヤバいってことを伝えてくれ。その一言だけでも、まあ、いろいろ、理解してくれるやろ。ここまで切羽詰まった状況になると、理解してもらえたところで、何がどうなるってワケでもないけど……もしかしたら、『あたしらも知らん隠し玉』とか、あるかもしれんし……」


 そう言いながら、金縁の名刺を渡すトコ。
 南雲ナオは『どうしたらいいか分からない』といった顔で、
 おろおろしているばかり。

 その様子を見て、トコはため息をつき、
 センに視線を向けて、

「あんたは、この子より、まだ冷静そうやな……頼んでええか?」

 そう言われたセンは、
 そこで、トコから視線を外し、

「あの、ロイガーさん、ちょっといいすか」

 右手をあげて、ロイガーに声をかける。

「……なんだ?」

「まだ、待ってもらえる感じですか? それとも、そろそろタイムリミットですか?」

「……貴様らの準備が終わるまでは待ってやる。私の前から逃げようとした際に『どうするか』までは教えてやらないが。……あと『外部に助けを求める』というのも、あまりお勧めしない。まあ、現状だと、電波をジャミングしているから、ここから助けを求めるのは、不可能だが」

「あ、そうすか。どうも」

 そう言ってから、
 センは、トコに視線を向けて、

「優しいロイガーさんは、まだ待ってくれるみたいだから、もう少しだけ、相談をしよう。現状の俺は、あまりにも状況が見えてなさすぎる。まず、聞きたいんだが、その番号は、どこにつながっている?」

「……冷静どころの騒ぎちゃうな……どうなってんねん、ジブン……」

 心底からの『呆れ』を口にしてから、

「……300人委員会直属・神話生物対策委員会本部や。戦闘員は、現状、あたしら4人だけやけど、サポートしてくれるスタッフは死ぬほどおる。一応、ほんまにヤバい時は、世界中の軍を動かすことも出来んことはない巨大組織。まあ、軍を出したところで、下位ならともかく、上位のGOOには歯が立たんけど」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く