『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

45話 圧倒的善意!

 45話 圧倒的善意!

「トコ! 罪華! マナミ! 戦闘準備! この警告音のボリューム……おそらく、上位のGOO! 本気で行く必要があるわ! 全員、覚悟を決めて!」

 真剣な目で、
 そう叫ぶ紅院。

 もはや、頭の中に、センのことなどみじんもない。

 と、そこで、南雲ナオが、
 震えながら、
 トコに、

「あ、あの……じょ、じょーいの、じーおーおーって何? さっきの話でも、ちょいちょい出ていたけど……」

「メッチャ強い敵や。あたしらでも勝てるかどうか微妙の、最悪な相手」

「そ、そんなのが、今、近くにいるっていうの? ……う、うそ……」

 そこで、紅院が、ドンと見栄を張って、

「そんなに心配しなくてもいいわ。ここには、私という、最強の『神話狩り』がいるのだから。私ほどじゃないにしても、近い実力者のトコもいるし、学美や罪華だって、先の『同時五体召喚GOO大戦』を生き抜いた歴戦の神話殺し。どんな強敵だろうと、いつも通り……サクっと殺してやるわ」

 そう言い切った。
 が、別に、本気で『サクっと殺せる』と思っているワケではない。
 GOO大戦の時だって『先輩たちに守ってもらえた』から、どうにかこうにか生き残っただけ。

 実のところ、勝てる保証など、どこにもない。

 しかし、紅院は、神話生物対策委員会のリーダーとして、
 『よれた姿』を見せるわけにはいかないから、
 必死になって、虚勢を張っている。

 ――本当は、戦いたくない。
 当たり前の話。

 紅院は、戦闘狂ではなく、ただのお嬢様。
 生まれつき『勝気(かちき)』で『気合の入った性格』をしているが、
 しかし、所詮は、それだけの『お嬢様』でしかない。

 だから、本当は怖い。
 逃げ出したい。

 けれど、彼女は、

「どんなGOOだろうと……必ず殺してやる……」

 狂気を詠(うた)う。
 そうでなければ、
 きっと、折れてしまうから。

 そのことを理解しているトコは、
 紅院の肩にポンと手をあてて、

「死ぬ気で援護したる。頼んだで、リーダー」

 と、熱いエールを送っている横で、
 茶柱罪華が、アクビをしながら、



「そろそろ眠たくなってきたから、かえっていいかにゃぁ?」



「ええワケないやろ、ぼけぇ!」

「別に罪華さんがいたところで、結果に大した違いはないにゃぁ。どうせ、罪華さんなんて、この中で『最強かつ最高の完璧美少女』ってだけにゃんだからぁ」

「……自分の言葉が錯綜(さくそう)しとることに、なんで、気付けへんの? まず、ほんまに最強なんやったら、おってくれな話にならんし、そもそも、あんたは最強やないし、なによりも、どこっちゃ完璧やないしぃ!」

 イライラが止まらないトコに、
 茶柱は、アクビをしながら、

「明日、日直で朝早いから、かえりたいにゃぁ。罪華さんは、責任感の塊みたいな子だから――」

「責任感の塊は、この状況で、親友に背を向けたりせん! というか、おどれ、生まれてこのかた、日直の仕事なんか、一度たりとも、したことないやろぉ! 毎度、毎度、ペアのヤツに、なにもかも全部押し付けやがって!」

「向こうが『やりたい』って顔をしている『気がする』から任せてあげているだけだにゃ! 直接言われたことはないけど、彼らの表情は、そう物語っている気がしてならないにゃ! だから、そう、つまり、これは善意! 圧倒的善意!」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く