『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

44話 警告。

 44話 警告。

「俺は、別に、高潔な人間ってワケじゃないが、しかし、下劣な人間ではないつもりだ。人としてダメな部分は数多い。それは事実だ。しかし、俺は、絶対に、ノゾキなんかしない」

 そんなセンの訴えを聞いて、
 トコは、数秒悩んでから、

「……一つだけ聞いてええか?」

「お好きにどうぞ」

「どうやってグールを殺したん?」

 その質問に対し、

「うっ」

 と、センは、言葉を詰まらせる。

 数秒の間をおいてから、

「えっと、それは、だな……つまり、その……こう……」

 真摯に、言葉を探した結果、

「クルンと半回転で投げ飛ばした……みたいな……感じの……」

 聞くに堪えない結果になる。
 トコに対して徹底して真摯であろうとした結果、
 全力でカラ回ってしまうというお粗末な体たらく!

「……は? 投げ飛ばす? なに、ジブン、武道の達人かなんかなん?」

「いや、違うんだが……なんか、変に、柔道が出来るというか……柔道っていうか、合気道? それも、また、ちょっと違う気もする……太極拳? いや、それも、違うような……」

「……なんか、ものごっつ、ウソくさいんやけど」

「いや、ここに関しては、正直、俺もそう思う。なんで、俺がグールを殺せたのか、その点に関しては、正直、俺もワケがわからん。しかし、グールを殺した結果、転移のワナが発動して、ここにいる……というのは、ただの事実だ。ここに関しては、堂々と言える。自白剤を打ってくれてもかまわない」

「んー……なんやろな……ウソを言ってない気もせんではないんやけど……発言が、もろもろ、フワフワしすぎてんねんなぁ……」

 両者の間で、妙な時間が流れた。
 と、その時、


「「「きゅぅううい! きゅぅうい!! きゅぅううい!!!」」」


 トコとツミカとマナミの携帯ドラゴンが、
 そろって、一斉に、大声で鳴き始めた。

「ぁ?! 『GOO出現』の警戒音やと?! はぁ?! なんでや? ツミカ、召喚の儀式をしとった奉仕種族は殲滅したんやろ?」

「間違いなく皆殺しにしたにゃぁ。そのうち一体は、それはもう残虐に殺してやったにゃぁ。腹からホルモンを引きずり出して、二重跳びの世界記録に挑戦してやったにゃぁ」

「そんなん聞いてへん、ってか、おどれ、何をやってんねん!」

 そこで、トコは、
 センに視線を向けて、

「あんたが殺したっていうグール、他に仲間がおるとか言うとったか?」

「……いや、そんな話は聞いていない。だが、もしかしたら、俺が殺したヤツに仲間がいて、そいつらが、召喚した……という可能性はあるだろうな。つぅか、お前ら、居場所のサーチとか出来ねぇの?」

「……できんことはないんやけど、良質なフェイクオーラを使われたら厳しい……」

 と、そこで、
 着替えを済ませた紅院も、シャワールームに飛び込んできて、

「トコ! 罪華! マナミ! 戦闘準備! この警告音のボリューム……おそらく、上位のGOO! 本気で行く必要があるわ! 全員、覚悟を決めて!」

 真剣な目で、
 そう叫ぶ紅院。

 もはや、頭の中に、センのことなどみじんもない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く