『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

43話 ……携帯ドラゴン……

 43話 ……携帯ドラゴン……

 トコが、センの背中に、

「とりあえず、その体勢やと、こっちとしても話し辛いから、こっち向けや」

 そう声をかけると、
 センは、遠慮交じりに、

「……振り向くぞ、いいな」

「ええいうてるやろ」

 振り返ると、
 トコが、拳銃の銃口を、センに向けていた。

「……銃刀法違反だなぁ」

 そんなセンの呑気な発言に対し、
 トコは、ニィと黒く微笑み、

「心配無用。裏のルールやと、あたしらには、こいつを扱う権利がある。権利というか、義務やな」

「……裏のルールねぇ……」

「300人委員会の噂くらい、聞いたことあるやろ?」

「まあ、有名な都市伝説だからな。名前くらいは聞いたことあるよ。確か、世界を裏側から牛耳っている世界政府だっけ?」

「あたしらは、300人委員会が保有する組織の一つ、『神話生物対策委員会』のメンバー。この特殊兵器『携帯ドラゴン』を使って『神話生物と戦い、世界を守ること』を『義務付けられとる』という、そんな、とても、とても、可哀そうな美少女戦士集団。まあ、セーラー〇ーンみたいなもんやと思うてくれたらええわ」

 と、そこで、
 センは、いぶかしげな顔で、

「……携帯ドラゴン……」

 つい、トコの発言を反芻してしまう。
 その態度に疑問をもったトコが、

「ん? なんや?」

 そう声をかけると、センは、首をかしげて、

「いや、なんか、聞いたことがあるような、ないような……」

 頭の中で、何かが引っかかる。
 思い出そうとしてみるのだが、
 どうしても、フィルターに引っかかる。

「……まあいいや……」

 『ゆるい引っ掛かり』以上の疑念に届かなかったため、
 今日のところは、いったん、普通にあきらめるセン。

 とりあえず、現状を処理しようと、
 トコが構えている銃を見つめて、

「その拳銃の名前が携帯ドラゴン?」

 その質問に対し、トコは、

「携帯ドラゴンを武器化させた状態がコレ」

 と言いながら、
 トコは、

「ヒドラ、一瞬だけ、戻れ」

 命じると、
 トコの手の中の銃が、
 形を変えて、小さなドラゴンになる。

「きゅいっ」

 と、一度、かわいらしく鳴いてから、
 また、拳銃に戻る。

 その一部始終を凝視していたセンは、

「……すげぇな……俺の人生、昨日まで、平々凡々だったのに……いきなり、めちゃくちゃファンタジー一色になってきやがった……」

 ため息交じりに、
 呆れつつも、
 センは、堂々と、

「俺の言動に、嘘があると思ったら引き金を引いていい。よけずに受けてやるよ。だから、いったん、俺の話に耳を傾けろ。薬宮トコ」

「……」

 言葉を使わず、態度だけで傾聴の姿勢を見せるトコ。
 それを見て、センは、丁寧に言葉を並べていく。

「俺は、別に、高潔な人間ってワケじゃないが、しかし、下劣な人間ではないつもりだ。人としてダメな部分は数多い。それは事実だ。しかし、俺は、絶対に、ノゾキなんかしない。俺の実質的な人間性を証明する手段なんかないから、どこまで行っても、単なる言い訳にしか聞こえないだろうが、しかし、俺は何度でも言う。俺は転移のワナをくらって、ここに飛ばされただけだ。信じろとは言わないが、無駄に疑うな。意味がない」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く