話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

41話 センエースの示し方。

 41話 センエースの示し方。

 センの発言にイラっとした紅院は、
 センの背中を、ガツンッ、と蹴り上げて、

「なんだ、そのナメた発言。自分の命が危険にならないと、『性犯罪』が『やっていい事か悪い事か』の判断すらつかないのか、このクソボケ」

 そのとげとげしい発言に対し、
 センは、
 よりとげとげしい態度で、



「状況が状況だから、女としての防衛本能が爆発して、過剰に惑乱(わくらん)してしまうのも、わからんでもない……が、まず、『脳死したラブコメのバカ女』みたいに、『現状の発端』を『俺の性欲だ』と決めつけた上で発言するのを、いったん、やめろ」



「……ぁ? なんだ、貴様……なにを偉そうに――」

「さっき、俺は、グールを殺した。そしたら、転移のワナが発動して、気付けばここにいた。それが真実だ」


「……ぇ」


「俺も男だから、お前らの体を見たくないとは言わない……が、他者の心に傷を与えてまで見たいとは思わねぇよ。こちとら『性犯罪者に堕ちるぐらいだったら首掻っ切って死んでやる』ってぐらいの気概は常に持って生きてんだよ。――本当は、こんなクソダセぇこと言いたくねぇが、状況が状況だから、恥を忍んで叫んでやる。耳の穴かっぽじってよく聞きやがれ。――俺のプライドと自制心をナメるなよ、紅院美麗ぇ!」

「……」

「俺は賢くもないし、イケメンでもないし、才能もゼロという、とんでもない不良物件だが、愚直さだけには自信があるんだ! つぅかなぁ! 俺は、性犯罪系が死ぬほど嫌いなんだよぉ! チカンだの、ノゾキだの、レイプだの! 言葉を聞くだけでも吐き気するレベルで大っ嫌いなんだ!」

 あますことなく『我』を叫んでから、
 センは深呼吸を一つはさんで、



「――紅院。一つ聞くぞ。お前がやっている『部活』ってのは、もしかしたら、あのバケモノどもを殺す活動なんじゃないか?」



「……っ」

「答えろよ。違うのか? 『ここまでに体験した不可思議』と『お前らの一連の言動(男子高校生1000人が束になっても瞬殺)』から、推測しただけで、別に確証があって聞いているわけじゃない。だから、さっさと確定させたい。まあ、ぶっちゃけ、俺の『グールを殺した』発言に対して、お前の口から『根本のツッコミ(グールなんているわけねぇだろ、何言ってんだ、お前。薬やってんのか?)』が飛び出していない時点で、ほぼ確定ともいえるが……とりあえず、さっさと答えろ」

「……武道の達人とかならともかく、一般人が、グールに勝てるわけない……」

「俺の質問に対する答えにはなっていないが、まあ、ほぼ確定したと言ってもいいだろう。紅院美麗。今から、いくつか質問すらから答えてくれ。――転移のワナは、グールを殺したら、確定で発動するものか?」

 質問されて、紅院は、

「……」

 答えるべきか、少しだけ悩んだものの、

(ただの『言い逃れ』を言っているようには思えない……)

 そう判断した結果、

「……グールを殺して発動するというのは聞いたことがない。ただ、ワナ……というか、『魔法』の中に『空間移動系』は普通に存在する」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く