『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 奇跡的な制御能力。

 36話 奇跡的な制御能力。

「俺は確かに、運動不足の虚弱ボーイだが、しかし、さすがに、赤ん坊と大差ないってこたぁねぇだろ。俺、さっきも、10キロくらい走ったんだぜ? 赤子に10キロマラソンなんてクールなアクティビティがかませるか? あん?」

「奇跡的としか言いようのない『信じられない制御能力の高さ』が、異常極まりない肉体の脆弱さを、ギリギリのところで支えている……なんという、奇妙な個体……ここまで異質な生き物を見たのは初めてだ……」

 さすがに、『赤子と同等』は言い過ぎにしても、
 『現状のセンの肉体』は、驚くほど脆弱。

 少しニュアンスが違うのだが、無理に例えるなら、
 『筋肉の中身がカスカスになっている』みたいな感じ。

 ジストロフィー系の病気によって、
 骨格筋と平滑筋が破壊された状態、
 と例えてもいいかもしれない。

 本来であれば、
 『立ち上がるだけ』でも数十秒を必要とし、
 『立ち上がったころには、息切れを余儀なくされる』ほど、
 肉体の機能が低下しているはずなのだが、

 尋常ではなく鍛えられた『小脳』と『基底核』が、
 『超最小のエネルギー』で『限界以上』のパフォーマンスを発揮するよう、
 『無意識』のうちに『超次元の働き』を魅せているため、
 現状のセンは、
 『寝たきりがデフォルト』と言っても過言ではないほど脆弱な肉体でありながら、
 『タッパのある黒帯』を投げ飛ばしたり、10キロ前後走ったりできている。


 ――『訓練されていない肉体』は、
 『初心者が書いた無駄の多いプログラム』みたいなもの。


 すべての『無駄という贅肉』を削ぎ落せば、
 人間の運動ループは劇的にクロックアップする。

「純粋な肉体強度だけではなく、内包されているオーラも魔力も、すべてが、とにかく酷すぎる……これほど『矮小な虫ケラ』でありながら、しかし、どこかで、奇妙な『美しさ』を感じさせる……本当に、際立って珍妙な個体……」

「珍妙って……普通に、イヤだな、その表現。なんというか、リアルすぎる。……せめて、ヤバいとか、エグいとかって言ってくれよ。その方が、まだかわいげがある」

 そんなセンの文句を、
 バケモノは、華麗にスルーして、

「……これだけ珍妙だと、あるいは、高い生贄適正を有している可能性もゼロではないだろうが……しかし、だからこそ、むしろ、欲しいな」

 そこで、バケモノは、ヨダレをたらし、

「お前の脳をすすらせてもらう。どんな味がするか、楽しみだ」

 そんな発言を受けて、センは、渋い顔になり、

「はい、どうぞ……とは言えないな。俺は、頭にアンがつまった国民的ヒーローじゃないんでね」

 そう言いながら、
 センは、スンッっと、腰を落とした。
 膝のクッションを自由にする。
 両腕も、あらゆる事態に対処できるように、綺麗に力を抜く。

 流れるように戦闘準備を整えたセンは、
 そんな自分自身に対して、当然、疑問を抱く。

(不思議だ……なんで、俺は、こんなにも冷静でいられるんだ……これほど奇妙な化け物を前にしていながら……しかも、『オレサマ オマエ マルカジリ』宣言をくらっているってのに……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く