『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 虚弱ボーイ『センエース』の大冒険。

 35話 虚弱ボーイ『センエース』の大冒険。

「罪華さん、私は、意味がある言葉しか口にしていません。ハリボテな横文字の誤用や、中身のない哲学用語の乱用など、ただの一度もしたコトがないです。そもそも――」

「マナミ。ツミカは、ガチ批判してるんやなくて、いつもどおり、ポップにボケただけやから。そんなガチでキレんなや」

 シッカリとした怒りマークを浮かべる黒木と、
 ヘラヘラが止まらない茶柱。
 そんな二人の間に入るトコ。

 ピリっとした空気を切り替えようと、
 トコは、

「と、ところで、ツミカ。あんたが仕事でミスるとは思ってへんから、『儀式をしとった奉仕種族の殲滅』に関する『結果報告』は必要ないんやけど……なんで、グールの頭を持ってきたんかだけは教えてくれるか?」

「ほえ? ……ぁ、引きちぎった時のままだったにゃぁ」

 どうやら『トコに指摘されたコト』で、はじめて、
 自分がグールの頭を掴んでいる事に気付いたらしく、
 罪華は、ポイっとグールの頭をその辺に捨てた。

 その一連を受け止めたトコは、
 心底からの渋い顔で、

「ぁ、相変わらずのキ○ガイぶりやなぁ。震えが止まらへんわ」

 と、そこで、紅院が、

「ツミカ。一応、聞いておくわ。何の問題もなかった?」

 そう尋ねると、
 茶柱は、ニタァっと悪い笑顔を浮かべて、

「問題がないと言えばウソになるにゃぁ」

 などと含みの爆弾を投下する。
 が、その発言に対し、
 トコは、わずかも動揺をみせず、

「……まさかとは思うけど、『働いたから腹へった。それが問題や』とかクソベタなこと言わんやろうなぁ」

「……とこてぃん、ツミカさんのセリフを先に言わないでほしいにゃぁ」

 口をとがらせる茶柱と、
 しんどそうな顔でため息をつくトコ。

 両者それぞれに目線をくばってから、
 紅院は、

「何の問題もないようね。よし、今夜の仕事は完了よ。グールの臭い血で汚れちゃったことだし、シャワーでも浴びて帰りましょう」





 ★





 ――夜の学校に忍び込んだセンが、
 違和感の正体を見つけようとウロウロしていると、
 そこで、

「……おいおい、マジかよ……」

 前方に、動く物体を見つけて、
 注視してみると、
 それは、『奇妙な化け物』だった。

 二本足で立つ『酸で溶けた犬』のゾンビのような化け物。

「奇形の犬……じゃねぇよな……いや、仮に、そうだったとしても、それはそれで大問題の大事件だが……」

 などとつぶやいていると、
 その化け物は、センの方に、
 ギロっと視線を向けて、
 3秒ほどセンの全身を観察してから、

「かかか……ひどいな、貴様」

 と、そんなことを口にした。

「キェェアァァァ、シャベッタァア」

 と、センが、テンプレな叫び声を上げる。
 しかし、そんなことはお構いなしに、

「人間が『脆弱な種』であることは重々理解しているが……しかし、その中でも、貴様は、とびぬけて酷い……ここまでスカスカな肉体を見たのは初めてだ。貴様の生命レベルは、生まれたばかりの赤ん坊と比べても大差ない」

 と、そんな総評を受けたセンは、
 ムっとした顔で、

「いや……あのなぁ。俺は確かに、運動不足の虚弱ボーイだが、しかし、さすがに、赤ん坊と大差ないってこたぁねぇだろ。俺、さっきも、10キロくらい走ったんだぜ? 赤子に10キロマラソンなんてクールなアクティビティがかませるか? あん?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く