『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 ヨグ=ソトース神話。

 34話 ヨグ=ソトース神話。

「命を助けてくれて……ありがとう……みんな……」

「気にしなくていいわ。ついでで助けただけだから」

「そうですよ。民間人を助けるのも、私達『神話生物対策委員会』の仕事の一つですから、感謝なんて必要ありません」

「神話生物……対策委員会……? な、なに、それ?」

 そこで、また、黒木マナミが、嬉々として、艶やかに輝く黒耀のポニーテールを左右に揺らしながら、うるさく両手を動かして、

「遥か太古から伝わるヨグ=ソトース神話。宇宙を創造した神々と、その眷属の伝説。……単なる創作物だと思われていましたが、25年ほど前、この時空ヶ丘学園に異空間へと続く穴が開き、その穴から、次々と神話生物たちが現れました。神は偶像ではなかったのです。神話生物の脅威は人類を容易に殲滅できるほど強大でした――が、イス人が遺してくれていた『携帯ドラゴン』が、事前に目覚め、警告・契約してくれていた為、我々人類は神話生物たちを撃退する事に成功しました。その後も、定期的に奉仕種族が沸いてきて、やつらの手により、時折GOOなども召喚されてきましたが、携帯ドラゴンの力によって、どうにか撃退してきました。そんな『携帯ドラゴンの召喚適正がある者』を中心として構成されている組織が、我々『神話生物対策委員会』です。本来は、世界を裏で操っている『300人委員会』の支配下にある最前線維持組織という立ち位置だったのですが、数ヶ月前に起こった『5体連続GOO召喚』による大戦で大打撃を受けてしまい、我々以外、全員殺されてしまった結果――」


「――あにゅぅ……また、まなてぃんが、頭いいアピール増し増しの鬱陶しい長々お喋りをしているにゃぁ……もっと、のんびりと仕事をするべきだったかにゃぁ」

 突如、廊下の奥から人影が現れて、南雲はビクっとする。

 そんな南雲の心情など完全無視で、
 その人影は、

「意味あり気なだけの哲学用語や意識高い系の横文字は、使えば使うほど、知能指数の低さが露見してしまうだけだっていう『アリア・ギアス《円環の核理》』を、まなてぃんは、アサップで理解して、サステイナブルに、解離因果かいりいんが論上の絶想解脱(ぜっそうげだつ)を、フィックスした方がいいにゃぁ」

 ゆっくりと近づいてきたのは、
 ウサミミつきのコスプレパーカーに身を包んだ美少女。
 シマシマのニーソに、フリフリのミニスカと、
 ファッションは全体的にファンシーなのだが、
 その右手は、グールの生首を掴んでいた。

 のんびりと歩いてくる、
 そのアンバランスが爆発している美少女に、
 トコが、

「おどれも、意味あり気なだけの無意味極まりない『知能指数ゲロ低い言葉』を無意味にバンバン使っとるやないけ」

「罪華さんだけは平然と許される。トコてぃんは、そこにシビれる憧れる」

「人様の感情を勝手に決めんなぁ、ぼけ、かすぅ」

 そこで、黒木が、至極不愉快そうな顔で、

「罪華さん、私は、意味がある言葉しか口にしていません。ハリボテな横文字の誤用や、中身のない哲学用語の乱用など、ただの一度もしたコトがないです。そもそも――」

「いや、マナミ。ツミカは、ガチ批判してるんやなくて、いつもどおり、ポップにボケただけやから。『あんたの頭の良さ』に『被せていくスタイルの高度なボケ』をかましただけやから、そんなガチでキレんなや」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く