『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 300人委員会。

 32話 300人委員会。

「この子、生贄適正が開花しているわ。しかも、かなり上質」

「そら、厄介やなぁ。ええ上司を欲しがっとる奉仕種族からしたら垂涎もんやん」

「……『これほど面倒な性質を有している』となると、おそらく、これからも狙われ続けるわね……」

「ほな、『委員会』の方で保護するしかないな……」

「では、報告ついでに、私の方から、連絡しておきます」

「おう、マナミ、たのむわ。……しっかし、余計な資質ばっかり見つかって、欲しい資質は、さっぱり見つからんのう……」

 と、ため息交じりに嘆いたトコに、
 ナグモナオが、首をかしげて、

「えと、ぁの……私、何か、悪いことした感じ……ですか?」

「ああ、誤解せんといてや。あんたは、別になんも悪ぅない。ただ、出来れば、『生贄適正持ち』ではなく、『召喚適正持ち』に会いたかった、という、単なるこっちのワガママや」

「……ぇと……もしかして……仮に、私に、その召喚適正というのがあったら、そこにいる携帯ドラゴン? ……というのを、使えるようになる……みたいなこと……ですか?」

「お、察しがええやないか。まさに、そのとおりや。この携帯ドラゴンは、さっき説明した通り……いや、さっきの説明で分かるとは思えんけど、まあ、とにかく、めちゃめちゃ便利なアイテムなんや。けど、誰でも使えるというワケではなくてなぁ。というか、使えるヤツの方が、圧倒的に少なくてなぁ……おかげで、あたしらみたいなか弱い女子高生が、体を張って頑張らざるをえん……正直、勘弁してほしいわぁ」

「……召喚適正を持っている人って……そんなに珍しいんですか?」

 そこで、ミレーがため息交じりに、

「ええ、全然、みつからないわ。もう、ほんとうに、心が折れるレベルよ。この前なんか、500万人くらい集めて調べたのに、一人も見つからなかった。あの時は、さすがに、膝から崩れ落ちたわ」

「ぁあ、あの『モニターのバイト』って嘘ついて、アホほど人を集めたやつな。あれ、確か、結局、なんやかんやで200億円近くかかったんやったっけ? あれの費用、完全に、ミレーが使える小遣いの範囲を超えとったけど、大丈夫やったんか?」

「パパに泣きついたから余裕よ」

「オジキ、ほんま、あんたに甘いなぁ」

 などと、つぶやくトコに、
 ミレーは、すまし顔で、

「人類の命運を背負って戦っている娘に、100億程度を援助するのは、むしろ、当然の話だと思うけれど?」

 などと、うそぶく。

「まあ、そうなんやけど……『300人委員会』との兼ね合いとか、色々あるやろ? 『あたしらの勝手な行動』の範疇に納めたなら、まだ、どうにか、穏便に処理できるけど、オジキがガッツリ手を出したってなったら、日本という国そのものの心象が悪ぅなるからなぁ……」

「これ以上、他国がゴチャゴチャ言ってくるようなら、最悪、あたしたちで世界中の軍をぶっ潰してやればいいのよ。現状、携帯ドラゴンを持っているのは日本だけ。対人類において、あたしたちは、無敵強化版アイア〇マンみたいなものなんだから、どこと戦争したって絶対に勝てるわ」

「いや、わからへんで……中枢の連中は老獪(ろうかい)で抜け目ないからな。『対あたしら用の隠し玉』がある可能性もゼロやない」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く