『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

30話 神話を狩る美少女。

 30話 神話を狩る美少女。

「ぐぬぅぁあ! ――くぅっ!!」

 グールは、紅院美麗(くれないんみれい)に首を刺されたが、
 しかし、絶命には至っていない。

 若干フラつくが、動けない訳ではない。

 人間とほぼ同じ耐久値であっても、急所まで同じという訳ではない。

「くそが!」

 どうにか距離を取ろうとするグールの足を、
 紅院は、思いっきり蹴り払う。

 グールをその場に横転させた直後、
 紅院は、グールの額めがけて、ナイフを一直線に突き刺した。
 黒い血がブシャっと飛び散る。

「ぬぁ……かぁ……て、てめぇ、『神話狩り』か……く、くそったれがぁ」

「あれ? まだ生きているわね。『グール』ってこんなにしぶとかったかしら?」

 首をかしげている紅院の背後から、
 トコトコと歩いてくる小柄な金髪ツインテール。

 ――薬宮トコは、右手に握っているハンマーを振りかぶり、

「グールは斬撃耐性があるから、ナイフやったらあかんねん。殴打属性で頭を丸ごと叩き潰せば――」

 思いっきり振り下ろす。

「がかぁ!! っ――」

 ドサっと、力なく倒れて、
 グールの意識はこの世から消えてなくなった。


「ほい、死んだ」


 蚊を叩き殺した時とほぼ変わらない顔でそう言った後、

「ヒドラ。武器変更、ハンドガン『コルト・ガバメント』」

 そう宣言すると、ハンマーがグニャリと歪み、軍用自動拳銃に変化した。

「はい、これ、おまけぇ」

 トコは、銃弾を数発、グールの死体にブチ込み、

「GOOと戦うんは、しんどいからイヤやけど、ザコを殺すんは、ストレス解消になるから好っきゃわぁ」

 言いながら、狂人的な笑顔を浮かべて、
 さらに二・三発ブチこんだところで、


「トコさん、無意味な暴力に酔っていないで、南雲さんの心配をしてあげてくださいよ」


 トコの背後から現れたメガネの黒髪ポニテ、
 ――黒木が、南雲に駆け寄って、


「南雲さん、大丈夫ですか? 安心してください。あなたを助けにきました」


「た、たす……けに……ぁ……はぁ……」


 気が抜けたのか、そこで、ヘニャリとへたり込む南雲。
 そんな彼女を支える黒木。

 二人の横で、紅院が、

「――『アレス』。武装モード解除」

 そう宣言すると、コンバットナイフが粒子化し、即座に再構築されて、

「きゅいっ」

 小さな龍が紅院の目の前に出現した。
 紅院の携帯ドラゴン『アレス』を見て、
 南雲は、

「ひぇっ」

 と小さな悲鳴をあげる

 南雲の怯えている様子を見て、
 紅院は、柔らかく微笑んでから、

「南雲奈桜。怖がらなくていいわ。アレスは味方だから」

「み……かた……」

「そうよ。ほら、かわいいでしょう」

 アレスは、パタパタと南雲の眼前まで飛んで、

「きゅいっ!」

 ペロっと、彼女の鼻先を舐めた。

「こ、この、羽が生えた二頭身の丸っこいトカゲ……? なに、これ……」

 問われた紅院は、深紅のパッツン前髪を指でなぞりながら、フンスと、ふんぞり返り、

「携帯ドラゴン。究極の携帯情報端末よ。千年後のスマホと言ってもいいわね」

「……?」

「ミレー、ほんま、説明、ヘッタやなぁ。そんな一言で分かるわけないやん。南雲の顔を見てみぃ。ごっつ険しい表情になってんで」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く