『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

28話 あ、私、宗教は結構なんで……

 28話 あ、私、宗教は結構なんで……

(……なんだ、これ……この『イヤな予感』はなんだ……)

 妙な胸騒ぎがして、
 変に心臓がしめつけられる。

(何かが起こる……たぶん……わからんけど……なんか、『すげぇダルいこと』が巻き起こる気がしてならねぇ)

 別に、ハッキリとした『質量のある前兆』を感じているわけではない。
 なぜか、心がザワザワとしている。
 結局のところは、それだけの話。

 ただ、決して錯覚ではない。

 その奇妙なザワザワは、
 時間が経つにつれて、
 どんどん強くなっていく。

「なんだよ、この感覚……キモいなぁ……」

 などとつぶやきながら、
 センは、重たい体をたたき起こして、
 違和感の正体を突き止めようと歩き出す。

 『どうすれば解消できるのか』がサッパリわからないので、
 闇雲に歩き回ることしかできなかったが、
 しかし、そんな中で、

「……」

 気づけば、自然と、
 センの足は、『学校』に向かっていた。

 現在地は、学校から200メートルも離れていない。

 目的のないランニングは、
 いつしか、無意識のうちに、
 通いなれた道をたどっていたのだ。

 少し長い河川敷の階段を上がり、
 センが通っている高校、
 ――『時空ヶ丘学園』が視野に入ったところで、

「……あぁ?」

 センは違和感の正体を知る。
 学校から、妙なオーラが放出されている……気がする。

「なんだ……あれ……湯気?」

 手で、ごしごしと、目をぬぐうセン。

 改めて見てみるが、やはり、何かがおかしい。

 『電気の明かり』ではない、
 何か奇妙な、青白いモヤモヤが、
 学校全体から放出されている……ような気がする。

 確信には至らない。
 『目の不調である可能性』も捨てきれない程度の、微妙な違和感。

「やべぇな……もしかして、俺の目、バグった?」

 不安になっていると、
 そこで、
 帰宅中のサラリーマンが横を通り過ぎていった。

 センは、つい、

「あの、すんません」

 そのサラリーマンに声をかけた。

 急に背後から話しかけられた中年男性は、
 怪訝な顔で、

「……はい?」

 と、じゃっかん距離を取りながら首をすくめる。

「あの、えぇと……あの学校、どう思います?」

「……はぁ?」

 そこで、チラっと、学校に視線を送るサラリーマン。
 特に何も異変は感じていない様子で、
 だから、当然、また、

「……どうって何が?」

 と、首をかしげる。

「いや、だから、あの……なんか、オーラ的なのが出てません? こう、なんか『悪い感じの気』みたいなのが、モヤモヤと……」

 そんなセンの『電波力最高潮の発言』を受けて、
 サラリーマンは、露骨に顔をゆがめ、

「……あ、私、宗教は結構なんで……」

 そう言うと、
 彼は、そそくさと過ぎ去っていった。

 その露骨な態度を受けて、
 センは、

「いや、俺も、できれば、宗教とは距離を置きたいタイプなんだよ……」

 などと、どうでもいいグチをこぼしてから、
 あらためて、学校に視線を向ける。

「……どうすっかなぁ……」

 変なオーラを出している学校。
 センが、先ほどから感じている妙なザワザワの震源地は、

「……んー」

 おそらく、あの学校。

「イヤな予感しかしないけど、このまま帰るのもなぁ……」

 ザワザワが止まらない胸をかきむしる。
 このまま帰っても、おそらく、気になって眠れない。
 ゆえに、

「……んー……まー、んー……と、とりあえず……いったん、ちょっとだけ……覗いてみようか……」

 そうつぶやいてから、
 センは、妙な気配を感じる『夜の学校』へと足を踏み入れた。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く