『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 センエースの戦闘力は、

  26話 センエースの戦闘力は、

「まあ、佐田倉もアホやないから、あたしが止めんでも、『素人のあんた』を投げはせんかったやろうけど……佐田倉みたいな『クッソ大柄コワモテの上級生』につかみかかられて、それで、平然としとるて……あんたの神経、どないなってんねん」

 その話を聞いて、センは、

(ふむ……どうやら、俺が、佐田倉を一回転させたところは見ていないようだな。……佐田倉も『素人の後輩に一回転させられました』などという『自分の心証が悪くなるだけの報告』なんざしねぇだろう……となれば、俺の口から説明する必要もなし……あの件は、なかったことしておくのがベストかな、色々な意味で)

 などと、センが思っていると、
 そこで、


「トコ! そろそろ時間!」


 少し離れたところから、
 薬宮トコを見つけた紅院美麗が、
 そう声をかけてきた。

 トコは、ミレーの方に、視線を向けて、

「ああ、うん! いくいく!」

 そう言ってから、
 センに目を向け、

「じゃあ、このあと、ちょっと用事があるから」

「どうぞ、お好きに、どこへでも、いってらっしゃいませ、お嬢様」

 右手を左胸に添えて、恭しく45度の角度で頭を下げながら、
 『落ち度のない洗練された慇懃無礼』を通していくセン。

「……なんか、ムカつくなぁ」

 眉間にしわを寄せて不満をつぶやくトコに、
 センは、軽く笑いながら、

「しゃーないだろ。実際、お嬢様なんだから。セレブリティイジリは免れねぇよ」

「……『アホみたいに金のある家』やなくて、普通に『困らん程度の金がある家』に生まれたかったけどなぁ」

 ボソっとそうつぶやいたトコに、
 センは、

「俺の後ろの席のヤツも同じことを言っていたよ。……正直、俺も同意見だ。『金がない』のが一番ヤバいが……ありすぎても、確実にウゼぇ」

 そんなセンの言葉に対し、

「そやな」

 と、軽くうなずくと、
 トコは、そのまま、紅院のあとを追った。


 彼女の背中を見送りながら、
 センは、
 綺麗な夕焼けを眺めつつ、

「……かえろ」

 ボソっと、そうつぶやいた。





 ★





 ――センの帰宅を見守りながら、
 『ここではないどこか』にいるオメガが、
 ボソっと、

「できれば、戦闘力も削りたかったが……」

 と、つぶやくと、
 オメガの『中』にいるクトゥルフが、

「――削り取ってしまえばよかったのではないですか?」

 と声をかけてきた。

 オメガは、少しだけ間を置いてから、

「できなかった。もっと言うなら、足りなかった。あいつが積み重ねたモノの重さをナメちゃいけない。200億1万年……パっと見は、非常にアホくさい数字だが、その内情はタダゴトじゃない。あいつが積み重ねてきた覚悟と器は次元が違う。そうそう削り切れるものではない」

「もう少し、時間と努力を積み重ねていれば、センエースから戦闘力を奪うこともできたのでしょうか?」

「――『もう少し』じゃねぇよ。センエースから戦闘力を奪おうとすれば、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、激烈に頭が裏返るほどの時間が必要だ」

 『数値』や『物質』や『時空』を奪うのも大変だが、
 しかし、戦闘力は、また一味、ワケが違う。
 もっというなら、『戦闘力』は、システムが違う。

「これは、あくまでも俺個人の意見だが……『センエースが必死になって積み重ねてきたもの』は……『その他の世界全て』よりも重たい」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く