『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 すべてが、いろいろと噛み合わない。

 25話 すべてが、いろいろと噛み合わない。

「へぇ……『お嬢様って種族』はデフォで『謝れない特性』がついている生き物だと思っていたが、普通に頭を下げるって機能も備わっているんだな」

「ジブン、お嬢様に対する偏見が強すぎん? いや、まあ、いいたいこと、わかるけどな。実際、ミレーやツミカなんかは、なかなか謝らんし」

 最後までゴネ切るわけではないが、
 なんだかんだとズルズル、謝罪を先延ばしにするタイプ。
 それが、紅院美麗と、茶柱罪華。

「マナミは、分が悪いと思ったら、けっこう、簡単に謝るけど……あいつの場合、口だけやからなぁ……だいたい、心の中では舌を出しとる。カズミだけは、まともに謝れるタイプの常識人やったんやけど……唯一のマトモなヤツが、逝ってもうたからなぁ……」

 暗い表情で、消えそうな声。

「あかんなぁ……頭では、踏ん切りをつけたつもりではおるんやけど、やっぱり、思い出したら、まだキツいなぁ」

 泣きそうな声になったが、
 涙は流さない。
 その姿からは、
 『絶対に泣いてやるものか』、
 という剛健な気概を感じた。

 その肝魂(きもったま)を見て、センは、

(強い女だ……)

 と、素直にそう思った。

「カズミは、あたしらの中で、一番強い女やったんやけどなぁ……一番というか、もう次元が違うレベルで強かったのに……人生ってわからんもんよなぁ」

「……まあ、事故云々に『武道の強さ』とか、関係ないだろうしな。仮に腕立て10万回出来たとしても、トラックに突っ込まれたら終了だ。サ〇ヤ人ぐらい強くなれるなら、鍛え方しだいってところもあるだろうが、地球人がいくら頑張っても、タカが知れているからなぁ」

「……」

 意味深な沈黙をするトコに、

「?」

 じゃっかんの違和感を覚えるセン。

 トコは、二秒ほど黙ってから、

「……そやな」

 と、簡素な返事をしてから、

「それより、ジブン……度胸、エグいな」

「度胸? は? なんの話?」

「なんの話もクソもあるか。ハッキリ言うけど、あたしは、佐田倉が、あんたにつかみかかったところから見てんねん。せやから、ヤバいと思って、急いで駆け寄ったんや」

 ちなみに、彼女は、クラスメイトの『蓮手』から、
 『センが、ガタイのいい先輩に連れていかれた』
 というタレコミを受けたから、様子をみにきていた。

 その結果、遠目に佐田倉がセンに掴むところを確認し、
 ダッシュで駆け寄ったというのが真相だった。


「まあ、佐田倉もアホやないから、あたしが止めんでも、『素人のあんた』を投げはせんかったやろうけど……佐田倉みたいな『クッソ大柄コワモテの上級生』につかみかかられて、それで、平然としとるて……あんたの神経、どないなってんねん」

 その話を聞いて、センは、

(ふむ……どうやら、俺が、佐田倉を一回転させたところは見ていないようだな……)

 トコは、
 『佐田倉が、センにつかみかかったところ』までは見ている。
 だが、ちょうど『まばたきした瞬間』と重なってしまったため、

 トコは『センが佐田倉を一回転させたシーン』を、
 ギリギリのところで見逃してしまったのである。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く