『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 破格の胆力。

 23話 破格の胆力。

 佐田倉は、
 『天才』を知っている。
 『本物の強さ』を知っている。

 しかし、そんな佐田倉でも、
 目の前にいる人間(セン)の『資質』を、
 正確に測ることが出来なかった。

 まるで、
 『知らない国』の『札束の山』を見た気分。

 『きっとすごいのだろう』という事までは予測できても、
 『どのくらいの価値があるのか』を正式に把握することは出来ない。
 そんな不可思議な感覚。



「答えろ! 閃! 今! 俺に! 何をした!」



 動揺している佐田倉に、
 センは、

「……いや……えっと……ごめんなさい。わかんないっす……」

「はぁ?!」

「なんか、こう……『こうしたら、出来るなぁ』って、頭の中で、イメージが浮かんだ気はしたんすけど……そのイメージを、意識が処理していた頃には、すでに、あんたの体を投げていて、ほんと、もう、意味わかんない……っていう……この感覚、わかる?」

「……わかるわけねぇだろ……ナニ言ってんだ、お前」

「ですよねぇ」

 などと言いながら、
 センは、自分の両手を見つめる。

(マジで……なんで……)

 必死になって頭をまわす。
 けど、答えは出てこない。

 『体が勝手に動いた』というワケでもなかった。

 ――『こうしたい』と願う『理想』に、
   『体』が100%の精度で応えてくれた――

 これが、最も正確な表現。

「……なんなんだ……お前……お前は……」

 動揺が止まらない佐田倉。

 ――と、そこで、



「なにしてんねん!」



 センの背後から、
 声が響いた。

 その瞬間、佐田倉をはじめ、
 この場にいた、親衛隊の面々の顔に、
 強烈な緊張が走った。

 全員が、いっせいに、訓練された軍人みたいに、
 ビシっと姿勢を正して『気を付け』をする。


 声の主――『薬宮トコ』は、
 肩で風を切りながら、
 ズンズンと速足で近づいてきて、

 セン、佐田倉、セン、佐田倉、
 と交互に睨みつけてから、
 佐田倉に視線をロックして、

「……佐田倉。とりあえず、今日は帰れ。あとで、親を交えて話しよ」

「お嬢……俺は、あの……」

「佐田倉!」

 トコの怒声に、
 佐田倉の体がピンと伸びる。

 トコは、走ってきたのか、
 軽く息を切らしていた。

 が、コンマ数秒の息継ぎだけで、
 流れるように、

「あんたらのおかげで、変な虫が寄ってこうへんのは、正直、メチャメチャありがたいと思っとる……けど、やりすぎは好かんって、ずっと言うてきたよなぁ、あぁん?!」

「……」

「閃は、アゲセンに言われて、あたしらの班に入っただけ。別に、こいつ自身は、なんもしてへん。それやのに、人を集めて、囲んで脅しつけるて……アホか、ごらぁあああああっっ!!」

 激昂しているトコに、
 センが、

「薬宮、ちょっと――」

 と、止めようとしたら、
 そこで、

「身内の話や! あんたは黙っとけぇ!」

 と、『佐田倉に対して上がったままのフルボリュームなテンション』を、
 『そのまま』ぶつけられて、
 普通にイラっとしたセンは、




「――てめぇが黙れ」




 底冷えする声で、
 トコをにらみつけるセン。

 そのあまりの迫力に、

「っ」

 トコは、一瞬、息を呑んだ。
 『とある事情』から、
 『胆力』にはかなりの自信があるトコだったが、
 しかし、
 センの圧力に対しては、
 普通に、心臓がグググっと揺らめいた。

(な……なんや、この圧力……こ、このあたしを……なんで、男子高校生ごときが……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く