『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 無様な佐田倉。

 19話 無様な佐田倉。

「別に、この恋が叶うなどとは思っていない。そこまで俺はバカじゃない。お嬢は……紅院美麗は、お世辞じゃなく、世界一綺麗な美少女だ。そんな彼女を、ガキのころからずっと見守ってきた。好きになるさ。当たり前の話だ」

 そんな『痛みを伴う言葉』を受けて、
 センは、

「……」

 佐田倉に負けないくらい真剣な表情になり、
 しっかりと考えた上で、発言をする。

「……そうだな……人間の心理的に考えて、それは、かなり、当たり前のことだと思う。人間は、基本的に、近くにいる人間を好きになってしまうものだから」

 それは、生物学的に考えて当たり前の話。
 『恋の根本的目的』が『子孫繁栄』である以上、
 『会えない相手』を好きになることに意味はない。

 ただ、『人間の脳』ってやつは、
 『物理的距離に関するフィルター』は張ってくれるものの、
 『立場』や『身分』までは考慮してくれない。

 ――佐田倉は、表情こそ変えないものの、
 しかし、血を吐くように、

「紅院美麗をずっと見続けてきたせいで、申し訳ない話だが、他の女子のことが、どうしても、ちっぽけに見えてしまう。俺は、紅院美麗とつり合いの取れる人間ではない。そんなことは重々承知している。だが、頭は制御できても、心は制御できない」

 胸をかきむしりながら、

「この途方もない『無様さ』と向き合って、俺は、これまで、必死になって生きてきた。出来れば、彼女と『恋人のようにデートがしたい』……などと、バカみたいな妄想を抱えて生きてきた。――夢でもよく見るんだ。ボーリングに行って、ハイタッチをしてみたり、カラオケで、一緒に流行りの歌を歌ってみたり……そんな夢を見ることが頻繁にある。そんな夢を見た日の目覚めは最悪だ。『夢を見たまま心停止して死ねれば、どんなに楽だったろう』とか、そんなバカみたいなことを考えながら奥歯をかみして、空虚な現実と向き合う一日のスタート。最悪も最悪。昨日の夜も夢を見た。彼女に迫られる夢だ……起きたら夢精していたよ。どうだ、無様だろう? なぁ、無様だよな?」

「……」

「どうした、笑えよ。すべらない話をしたんだから、笑いたければ、好きなだけ笑え。むしろ、笑ってもらった方が気持ち的には楽だ」

「大笑いして、あんたの気を楽にしてやりたい気持ちはやまやまだが、しかし、しんどすぎて笑えねぇな……」

 どう言ったものか、と真剣に悩んでいるセンに、
 佐田倉は続けて、

「バカな夢を見てしまう『愚かな自分』を戒めながら、苦しい、苦しいと、叫びながら、今日まで我慢して生きてきた」

 あふれ出る言葉を、
 押し出すように、

「だから、ムリだ。黙ってみてられねぇ。……当日は休め。いくな」

 血を吐くような言葉。
 それほどの想いを受けて、
 だから、センは、

「……俺は人を好きになったことがないから、あんたの気持ちを、100%理解することは出来ない。けど……うん……想像はできるよ。だから、今の俺には、あんたに対する反骨精神的な感情は一ミリもない。それは本当だ。嘘じゃない」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く