話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 時空ヶ丘名物『主体性遠足』!

 9話 時空ヶ丘名物『主体性遠足』!

 上から目線のトコのことも軽くピシャっと叱りつけてから、
 教壇に戻る挙茂。

 挙茂が、教師という職業に対して、
 『エグいほどガチである』ということは、
 学校中に認知されているため、

 K5のお嬢様が、雑にデコピンされたとしても、
 『挙茂ならしゃーない』ということで、
 親衛隊も、特に妙な動きを見せることはない。

 仮に『茶柱にデコピンを飛ばした』のが、
 挙茂以外の教師だった場合、
 親衛隊の面々は、迷わず、
 許しがたい『セクハラ&体罰』と認定していただろう。

 そうなった場合、
 何人かが、少年院を覚悟で『行動』を起こし、
 『そのセクハラ糞野郎の愛車が謎の大破を果たす』、
 ぐらいの事件は起きていただろう。


 ――ちなみに、茶柱本人も、
 口では、過激なことを言っていたが、
 しかし、それが、挙茂に対して、
 『一ミリも脅しにならない』ということは知っていた。

 というか、仮に、本気でイラっとしていた場合、
 口に出さずに、裏でやる。

 茶柱は、決していい子ではない。
 というか、かなりエグい子である。

 彼女を怒らせたら、本当に色々とマズい。
 だから、たいていの教師は、
 彼女の奇行を、見て見ぬふりをするのだ。

 しかし、
 挙茂だけは、いつだって、真正面からしかりつける。
 それも、『自分は他とは違う』というポーズ的な意味で叱るのではなく、
 普通に、ド直球に、真摯に、まっすぐに、
 『ダメなことはダメ』と、世の道理を叩き込んでくる。

 だから、茶柱も、挙茂に対してだけは、
 デコピンされようが、どうしようが、
 決して『ヤバい報復』をしようとはしない。



「はい、じゃあ、さっそく、朝のホームルームをはじめる」



 挙茂は、クラス全体を見渡しつつ、

「まずは、今度の『主体性遠足』について」

 時空ヶ丘名物、
 主体性遠足。

 一言で言えば、
 『自分たちで、遠足に行く場所を決める』というもの。

 場所を決めるだけではなく、
 行き先の責任者に電話をかけて許可を取ったり、
 行き先までのルートを確認したり、
 一通りの予算を立てたり、
 ――とにかく、すべてを自分たちで行うという、
 とにかく『面倒くさい行事』なのである。

 これだけ『生徒の数が多い学校』で、
 こんな面倒なことをするなど、
 絶対に大変なことになるのに……
 と、誰もが分かっているし、
 実際、毎年、かならず、何件かトラブルが起きて、
 死ぬほど七面倒なことになるのだが、
 なぜか、昔から、すたれることなく続いている、
 時空ヶ丘名物、主体性遠足。

 ちなみに、
 『ちゃんとした計画』が立てられなければ、
 『進級の必須単位』を一つ落とすことになる、
 という、異常に厳しいハードルが設置されており、
 実際、ここでテキトーをこいて留年する生徒が、
 必ず、毎年、何人かいる。


「いつもは、『班決めさえも生徒の主体性に丸投げ』というのが、この『主体性遠足』のスタイルなんだが、今年は……というか、このクラスに限り、さすがに、勝手が違いすぎるため、こっちで決めさせてもらった」


 その話を聞いた紅院が、
 キっと眉をひそめて、

「それは、差別では?」

 と、強い視線と声で言う。

 一瞬で、クラスの雰囲気が冷え込んだ。
 紅院美麗の怖さは常軌を逸している。
 胆力と目力がとにかくハンパではないのだ。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く