『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

4話 引かぬし、媚(こ)びぬし、省(かえり)みない紅院美麗。

 4話 引かぬし、媚(こ)びぬし、省(かえり)みない紅院美麗。

「卒業式だっていうのに、みんな、笑っていましたよね。教師全員が浮かべていた『もう好きにしてくれ』って感じの苦笑いは今でも鮮明に覚えています」

「ふっ、世界が私に嫉妬する。賛美の声は聞き飽きたわ」

「誰も褒めてへん」

 トコの、くっきりとしたアーモンド形の双眸(そうぼう)が、呆れに圧されて、半眼へと歪む。
 その鮮やかなブルーの瞳に射す影を見つめながら、
 紅院は、

「はぁ? この紅院美麗という絶世にして完璧な美少女を誰も褒めない? ははっ、ありえないわね。トコ、よく聞きなさい。私を前にした者は、脊髄反射的に跪いてしまうものなの。そして、この世界一の完璧な美を称えてしまうものなのよ」

「世界一の美て……あんた、中学の時のガチ美少女ランキングであたしに勝った事ないやん」

「ロリコン大国日本のバカ男なんて眼中にないから、どうでもいいわ。ウルトラスタイリッシュゴッデスの私ではなく、ミニマムボディのトコに票が集まってしまうのは、ただのお国柄。『アフリカでは太っているのが美の象徴』みたいなものよ。良かったわね、ロリ体型で」

「誰がロリ体型やねん。あたしの身長は、全体平均より3センチ低いだけや」

「ふふん。私は平均より十五センチも上なのよ? つまり、トコとの差は十八センチ。これは、決して抗えない決定的な差と言わざるをえないわね。さあ、死んで詫びなさい」

「死ななアカン理由も、詫びなアカン理由も、何一つとして分からへん。あんた、どういうルールの世界で生きとんの?」

「紅院美麗は究極の女神。それがこの世界のルールよ」

「あかん、こいつ発狂しとる」

「どうして、こんなになるまで放っておいたのですか、トコさん」

 黒木の、深い夜を切り取ったような漆黒のポニテがシュンとうなだれた。
 悲哀に濡れた両眼は、やや釣り気味で、
 長いまつ毛に埋まってしまいそうな、
 鋭い気品を感じさせる奥二重。

「あたしはパーフェクトな美少女やけど、神ではないっちゅうこっちゃ」

「いいお薬ありませんか? 世界一と名高いトコさんの製薬会社がその気になれば――」

「マナミ、諦めぇ! ミレーはもうアカン……捨てていこう」

「そ、そんな……」

 およよ、と両手で顔を隠す黒木の肩に、
 ポンと手を置いた紅院が、フンスと胸を張って、

「学美。何がそんなに悲しいのか知らないけれど、とりあえず涙をふきなさい。大丈夫。ここには、私がいる。私の美しさの前では、どんな苦しみも悲しみも裸足で逃げ出すわ」

「……へこたれへんやっちゃなぁ……」

「まあ、美麗さんは、人の話なんて『大人しいセミの鳴き声』ぐらいにしか思っていない人ですから、仕方ありません」

「ほんま、ミレーくらいやで。イカレ方で『コレ』に匹敵すんの」

 そこで、トコは、背後に視線を向けた。
 彼女達の背後、掃除ロッカーの前では、ガッツリと布団を敷き、キッチリとアイマスクを装着し、枕元に加湿器まで置いて、スヤスヤと眠っている美少女がいた。

「……『ソレ』と比べられると、流石にショックなのだけれど」

「はははっ! 流石のミレーも、『ツミカ』と同列扱いはイヤなんやな」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く