『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 閃壱番の憂鬱。

 2話 閃壱番の憂鬱。

 センが通っている『時空(じくう)ヶ丘(がおか)学園』は、
 敷地面積がハンパじゃない、幼小中高大一貫の超々マンモス学校。

 センがこの『無駄にでかいだけの高校』を選んだ理由はただ一つ。
 『普通の高校』の中で『一番近い』から。

 『エグい進学校』や『不良高校』や『高専』など、
 『すべての高校』を含めると、
 家から近いランキングは『5位』くらい。

 一般高校生で、一般の大学を目指しているセンは、
 普通に、家から一番近い、一番普通の高校を選んだ。

 まあ、時空ヶ丘は『敷地面積がイカれているマンモス高校』なので、
 完全な『普通』ではないのだが。

 ちなみに、
 『時空ヶ丘学園』にはもう一つ、
 『普通ではない点』があって、
 それは……

(小学校の時から、『時空ヶ丘には頭のおかしい金持ちが5人もいる』というウワサは聞いていたが……まさか、あそこまでイカれた連中だったとは思わなかったぜ)

 登校途中、
 センは、『彼女たち』のことを思い出しながら、
 しんどそうにタメ息をつく。

 ちなみに、『彼女たち』は、
 高校入学前の段階では、
 有名な『5人組』だったのだが、
 現在では、一人欠けて、
 『4人組』となっている。

 理由は単純。
 中3の時に、その中の一人が事故で亡くなったから。
 どれだけ金持ちでも、死は平等に訪れる。

 ただし、平等・普通なのは、
 『さすがに事故れば死ぬ』という点だけで、
 純粋な『人間性』に関しては、
 全ての面で常軌を逸脱していると言わざるをえない。

 彼女たちは、バックボーンも、容姿も、性格も、すべてがおかしい。

(親が上級国民をやっているというだけで、当人たちは、ただのガキだろうとおもっていたが……考えが甘かった)

 どうせ『尾ひれのついたウワサ』だろう、
 とタカをくくっていたが、
 実際の彼女たちは、想像を絶するヤバさだった。

(あいつらは、完全に頭がおかしい。明らかに普通ではない。金持ちの家に生まれると、全員、ああなっちまうのかね……こわいねぇ。俺は普通の家に生まれてよかったぜ)

 一般家庭に生まれたことに対し、軽く安堵しつつ、

(つぅか、なんで、あいつらは、時空ヶ丘なんかにいるんだ? ああいう、金持ちお嬢様は、文字通り、『お嬢様学校的な高校』にいくもんじゃねぇのか? 時空ヶ丘は、ただデカいだけで、それ以外の特徴は、さほどない普通の高校だぞ……まあ、卒業生の中には、有名人や著名人が妙に多いが、そんなもん、単純に、分母が多いってだけの話だろうし……)

 と、そこまで考えた時点で、
 センは、ハっとして、

(おっと、なんで、俺は、あいつらの事なんて考えてんだ……あいつらみたいな、『物理的な意味で住む世界が違う』と言っても過言ではない、雲の向こう側にいる連中の事なんか、考えたところで、一つも意味なんかねぇ。……夢に引っ張られすぎだぜ、クソうぜぇ……)

 邪念を振り払うように、
 頭を左右に振りながら、
 高校へと向かうセン。

 『変な夢を見た気がする』という点以外、
 特に何も変化はない、
 いつも通りの、平日の朝だった。

 『凡人・閃壱番』の『日常』に『おかしな点』は一つもない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く