『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

1話 センエースはクラスメイトの夢を見るか。

 1話 センエースはクラスメイトの夢を見るか。

 夢から目覚めたセンは、
 起きてから数分たった今でも、
 まだ、ボンヤリと呆(ほう)けていた。

(夢の中で俺は、たぶん……変身したり、飛んだり、手からビームを出していたような……いや、してなかったかな……そんな『ドラ〇ンボール』的な感じじゃなくて、『はじ〇の一歩』みたいに、物理法則を遵守しながら殴り合っていただけだっけ? なんか、どっちもありえる気がする……んー、ダメだ……思い出せねぇ……)

 すべてが、うっすらと、ボンヤリとしている。
 ただ、今でも『変に覚えている個所』が無くはなくて、

(……なんか……クラスメイトの女子が出てきた気がするんだけど……誰だったっけ……たぶん、『あの4人の中の誰か』だと思うんだけど……)

 心の中でつぶやきつつ、
 センは、
 自分のクラスメイトの顔を思い出す。

 『彼女たちの事』は、すんなりと思い出すことができた。
 『現実のこと』なので、これも、当然の話。

 『男子高校生・閃壱番』の『日常』に『ゆがんだ点』は一つもない。

(……『茶柱(ちゃばしら)』と、変な言い合いをしたみたいな……そんな夢だったような……気がしなくもない……)

 クラスメイトの女子生徒『茶柱(ちゃばしら)罪華(つみか)』を思い出して、
 センは軽く赤面する。

(なんで、あいつの夢なんか見るのかなぁ……もしかして、俺、深層心理では、あいつのこと気になってんの? ……うわぁ、気持ち悪ぃ……)

 顔が熱くなった。
 耳まで赤くなって、身悶(みもだ)えする。

(いや、まあ、あいつは、確かに、『見てくれ』だけは『出来がいい』と思うけど……でも、あんな、性格に莫大(ばくだい)な問題を抱えているシリアルサイコのことなんて……うわぁ、きしょい、きしょい)

 『夢にクラスメイトの女子が出てきてあたふたする』
 という思春期特有の恥ずかしさに興じるセン。

 その光景は、普通に気色悪いものの、
 しかし、特に『不可思議』と呼べるほどの異常ではなく、
 結局のところは、極めて平常な男子高校生の日常に過ぎない。

「……朝から、しんどっ……」

 ため息をつきながら、
 センは、ようやく、ベッドから降りる。

 『いつも』のように、
 顔を洗い、
 歯を磨き、
 メシを食って、
 学校にいく準備をして、
 家を出る。

 何も変わらない、『いつも』の風景。


 『一般人・閃壱番』の『日常』に『おかしな点』は一つもない。



 ★



 『ここではないどこか』から、
 『センエースが学校にいく姿』を見送ったオメガは、
 ボソっと、

「……ここからが本当の勝負だ」

 ドッシリと構えて、

「お前と殴り合いをしても勝てないのは最初からわかっていた。お前は強い。お前は『俺では届かなかった世界』にいる」

 純粋で無垢な『事実』を口にする。

「……だが、それだけではダメだ。『それだけ』だと、きっと、『結末』は、なにも変わらない。同じ絶望が積み重なるだけ。『そこ』ではなく『もっと遠い場所』に『本当の答え』がある……そんな気がしなくも、なくもない」

 オメガは、そんな、フワフワしたことを口にしつつも、
 しかし、どこまでもまっすぐに、
 センエースの背中を見つめながら、




「さあ、センエースよ。お前の『可能性の底』を見せてくれ」




 静かに、そうつぶやいた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く