話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 あらゆる全ての希望を、根こそぎ奪い取る。

 59話 あらゆる全ての希望を、根こそぎ奪い取る。

「センエース。お前は本当に異常だ。ヤバすぎる。だから、最後の最後まで、徹底させてもらう。力とアイテムと亜空間と繋がりだけではなく、続けて、『記憶』も奪わせてもらう」


 そう言いながら、
 オメガが、パチンと指をならすと、

「……っ……」

 センの頭の中が、
 ジワっと白くなっていく。

 一瞬で消えるわけではなく、
 夏場のアイスクリームみたいに、
 表面からドロリと溶けていく。

「くっ……うっ……」

 なんとか、抗おうとするものの、
 『オーラをまともに捻出すること』も、
 『魔力を顕現させる事』さえも難しい現状だと、
 記憶破壊系の魔法に抗う術などない。

 どんどん、どんどん、
 大事な記憶が消えていく。

(消える……っ……頭の中が……とけていく……っ)

 センエースの記憶が削り落とされていく。


「力も、アイテムも、亜空間も、繋がりも、記憶も……何もかも全て奪われて……しかし、お前は、それでも、抗うか?」


 その問いに対する答えを考えている余裕などない。
 今のセンは、
 必死になって、この状況を打破する案を求めるばかり。

 もっとも、
 その姿勢こそが、オメガの望む『アンサー』なのだが。

 だから、

「お前は、本当に強いよ、センエース」

 オメガは、また、改めて、
 心の底から、そう賞賛した。

 センは、そんなオメガの言葉など聞いちゃいない。
 『この危機的状況を、どう乗り越えるか』
 それのみを、必死になって考えている。

 ――結果、



「俺の命を全て捧げる!!」



 最後の最後の手段に出る。
 とびっきりのジョーカー。

 『覚悟』の最終形態。

「だから! ほんの少しだけでいいから! 10秒でも、5秒でもいいから、俺の力を取り戻してくれ!! プラスアルファはいらない! 少しだけ、数秒だけ、8割でも、7割でもいいから、奪われたものを、わずかに取り戻すだけでもいいから! だから――」

 決死の覚悟でコスモゾーンと交渉するセン。
 そんなセンに、
 オメガは無慈悲な言葉を投げかける。

「ああ、言い忘れていたな。コスモゾーンとの接触も断たせてもらった」

「っ?! なっ……んなアホな……そんなこと……」

「まあ、だいぶ厳しい前提を積む必要があったが……しかし、さっきも言ったように、この世には『不可能』なんてものは存在しない。なんだってできるさ。頑張ればな」

「……」


「ちなみに言っておくと、ソウルゲートとの接触も断たせてもらった。お前に可能性を残すと、何が起こるかわからないからな。だから、本当に、ガチンコで、徹底的に、ありとあらゆる前提を積ませてもらった。希望の全てを殺しつくし、お前の未来を、全身全霊で封鎖した」


「……」

「ここまでして、しかし、まだ、『何か可能性があるんじゃないか』と、俺に不安を抱かせるほど、お前は強すぎる。数値ではなく、魂魄が強い。お前は最強だ。お前こそが、間違いなく、全世界最強のヒーロー」

「……」

「しかし、死ぬ。俺が殺す」

 希望も、可能性も、
 すべてを失ったセン。

 あまりの絶望に、
 さすがのセンも、
 一瞬、クラっとする。

「こんな……メチャクチャ……」

 つい、声がこぼれた。
 ひどすぎる現状に対し、
 当たり前のグチをこぼすセン。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く