話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

56話 存在値1。

 56話 存在値1。

「ぉいおいおいおい、ちょっとまて……マジで存在値がガタ落ちしているじゃないか……ぅ、ウソだろ、おい……」

 センの『ガチ装備品』は、
 どれも、『装備者の存在値が一定以上であること』を『装備条件』とするアリア・ギアスが組まれている。

 禁止魔カードの効果以外でも、
 『存在値に削りを入れてくる技』というのが普通に存在するため、
 『マックス値』をボーダーにはしていないが、
 『ある程度のステータスアップ効率』を求めた結果、
 『それなりに高い値』でアリア・ギアスを組まざるを得なくなり、
 結果、
 現状のような『存在値1』という状況に追い込まれると、
 大半の装備が使用不可になってしまう。

 いくつかの装備品は、
 保険の意味も込めて、
 『結構なデバフ状態であろうと使える』という状態にしているものの、
 さすがに『存在値1』の状態だと、発揮できる効果は、かなり低くなる。

「耐性や魔力量やオーラ量はもちろん、隠しステータスも、限界まで下げさせてもらった。それほどまでステータスが低くなってしまえば、究極超神級の『盗賊魔法』を拒絶することは不可能」

 そう言いながら、
 オメガは、魔法を使って、
 センから『すべてのアイテム』を強奪する。

 ギリギリ、効果を発揮していた装備品なども、
 全て奪われてしまった結果、
 センは、完全なる『存在値1』という状態に陥ってしまう。

「こ……こんなふざけたこと、あっていいわけ……『変わった空間魔法で閉じ込める』とか、『相手の能力の一部を封じ込める』とかなら、まだ、理解も出来るが……しかし、いくらなんでも、これは、酷すぎるだろ……強制的に存在値を1にするなんて……そんなこと、通るわけねぇ」

「もちろん、簡単に通したわけじゃねぇよ。お前ほどの『神』を『ゴミ』にするためには天文学的な前提を積む必要がある。――が、しかし、言い方を変えれば、天文学的前提さえつめれば、それも不可能ではないってこと。この世界に『絶対的不可能』は存在しない。一見、100%不可能に見える『センエースを殺す方法』だって、あきらめずに探し尽くせば、見つけることができるんだ」

「……」

「俺は諦めずにもがき続けた。だから、今日、お前を殺せる」

「……」

「伝わってくるぞ、センエース。お前の脳みそは、今、爆発寸前の速度で回転している。会話もおぼつかないほど、お前の頭は沸騰している」

 くくっと、おかしそうに笑って、

「必死に考えているところ悪いが、さすがに、どうしようもねぇよ。この状況は、さすがに詰みだ。俺の存在値は17兆を余裕で超えている。お前の戦闘力は認めるが、『存在値1』が『存在値数十兆』に『戦闘で勝つ』のは、限りなく100%に近いレベルの不可能。絶対的不可能は存在しなくとも、限りなく絶対的不可能に近い状況は存在する。それが『今』だ」

「……」

「ま、何と言われようと、お前は、必死になって、この状況をどうにかしようと、頭をまわすだろうがな。お前はそういう男だ。だからこそ、お前は、俺を超えることが出来た。だが、しかし、それがゆえに、お前は死ぬ。俺より強い程度のザコに、俺は負けないから」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く