話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 その曲の名は。

 55話 その曲の名は。


「理不尽だよな。不条理だよな。けれど、それが、この世界の真理だ」

 オメガの言葉を受けて、
 センは、

「……ま、それもそうだな……」

 と、ため息交じりに、
 現状を受け止めると、

「……で? お前が使った禁止魔カードの発動条件と効果は?」

 ダメ元で、禁止魔カードの情報を聞き出そうとしてみる。
 教えてくれるワケがないと思っていたが、

「その前に、俺が伏せておいた『禁止魔カード』の名前を聞いてくれよ」

 などと、そんなことを言われて、
 肩透かしをくらうセン。

「……どうでもいいよ、チートの名前なんか」

 心底からの言葉をならべるセンに、
 オメガは、

「それを聞いてくれたら、発動条件と効果を教えてやる」

 などと、珍妙なことを言ってきた。

「……なんで、そんなに、名前を言いたがってんだよ。最初から思っていたことだが、お前って、とことん、ワケの分かんねぇ野郎だな……」

 一言、そう言ってから、
 深いため息をついて、
 軽く、面倒くさそうに、

「……お前が伏せた禁止魔カードの名前は?」

「聞き方がなっていないな」

 イラっとするセン。
 説明など聞かずに、殴り掛かってやろうかとも思ったが、


「……教えてください」


 利をとって、感情を抑え込んだ。

 もし、惚れた女三人が捕まっていなかったら、
 殴り掛かっていただろう。

「そんなに知りたいなら教えてやろう」

「……うっざ」

 無意味としか思えない前提を積んでから、
 オメガは、

「俺が伏せておいた禁止魔カードの名前は……」

 センの目をまっすぐに見つめて、



「――『セレナーデ』――」



「……また、ずいぶんと、テイストが違うじゃないか。P型が使っていた禁止魔カードは、どれも、民謡的な名前だったと思うんだが」

 一言だけ、軽めの感想を口にしてから、

「まあ、そんなことはどうでもいいが。……で? 発動条件と効果は?」

「……」

「なにシカトこいてんだよ。まさか、名前を言いたかっただけでしたってオチか? だとしたら、俺のボルテージが大変なことになるぞ。それでもいいのか?」

「別にいいけど、シカトしたわけじゃねぇ。もともと、教えてやるつもりで、隠す気は微塵もない」

 と、そう言ってから、

「発動条件は、センエースがオメガバスティオンを超える事。効果は、センエースの存在値を『1』にすることだ」

 サラっと、そんな、とんでも宣言をした直後、


 フっ……と、


 センの変身がとける。

「……なっ……」

「無敵宣言をかませるのが、お前ひとりだけだと、いつから錯覚していた? 俺だって、かつては『世界の主人公』を張ったことがある身。死ぬほど前提を積みまくれば、似たようなことを叫べる。というわけで、耳をかっぽじれ」

 そこで、コホンとセキをして、

「俺より強い程度の雑魚に、俺は負けない」

「……」

「言われると、腹が立つだろ? 『じゃあ、どうしたらええねん』って思うだろ?」


 そんなオメガの言葉をシカトして、
 センは、純粋に、現状を語る。

「ぉいおいおいおい、ちょっとまて……マジで存在値がガタ落ちしているじゃないか……ぅ、ウソだろ、おい……」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く