『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

48話 どっちの魄(はく)が上か。

 48話 どっちの魄(はく)が上か。

「これが、お前の『可能性』をモチーフにした究極のトランスフォーム。モード-センエース。俺の切り札。――今の俺が、間違いなく、俺史上最強」

「お前は、俺をバカにしたいのか、それとも、持ちあげたいのか。どっちだ」


「その質問は重要か?」

「いや、スルーでいい」

「ならば、俺の質問に答えろ。――これならば、究極超神化7を使う必要性を感じるか?」

「……」

 センは、ゆったりと、
 武を構えてから、

「軽くやってみてから、判断させてもらう」

「……ウザい野郎だ」

 そう言ってから、
 オメガは、両足に力を込めた。

 伸びやかに、
 空間を掌握していくオメガ。

 派手な魔法や、
 トリッキーなスキルなど使わない。

 両者、
 『ゴリゴリの殺意』だけをむき出しにして、
 ド正面から、ボコスカと、愚直に殴り合う。

 野球で言えば、
 『延々、ど真ん中のストレート勝負』みたいなもの。

 無粋な策略をシカトして、
 『どっちの魄(はく)が上か』、
 それだけを突き詰めるような、
 頭の悪い対話に興じる。

 その中で、
 センは、


(……重てぇなぁ……)


 心の中で、とびっきりの本音をこぼす。
 飾り気のない、まっすぐな本音。


(もちろん、強いんだが……しかし、こいつのヤバさはそこじゃねぇ。……こいつの『重さ』は異常だ……)


 強いとか、速いとか、
 そういう諸々を超越して、
 オメガは、とにかく『重い』のだ。

 それは『重厚感』という意味でもあるし、
 ジットリとした『湿度的』な意味の重さでもある。

 あえて言えば、陰気。
 とにかく、鬱々としている。


 ――ふいに、轟音がシンと溶ける。
 ――互いに、距離を取った幕間。


 両者とも、浅く、呼吸を整えながら、
 わずかなインターバルをなぞりあう。

 そんな中で、
 センは、一ミリも警戒心を切ることなく、
 俯瞰で全体を見渡しつつ、

「オメガなんとか……いまだ、大半のことが意味不明だが、しかし、お前に対して、一つだけ、確かに言えることがある」

 まるで『名探偵のクライマックス』のように、
 ビシっと、オメガの顔を指さしながら、そう宣言する。

「ほう、なんだ?」

 興味深げな顔でそう尋ねるオメガに、
 センは、
 まっすぐな顔で、




「お前は、陽キャじゃねぇ」




 ズビシィっと、言い切られたことで、
 オメガは、当然のように、

「くく」

 と、薄く笑ってから、

「正解だ。さすが、命の王。慧眼だな」

 などと『クソほど中身のない言葉』を並べてそろえてから、
 オメガは、空間を超越する。

 世界を翔(か)け抜けて、
 センの『ド正面』を奪い取る。

 オメガは、握りしめた拳を振りぬきながら、

「――ただし、言っておくが、俺は、お前ほど『陰キャ』じゃなかった」

 その拳と言葉を、
 センは、軽やかに受け流しつつ、

「謙遜するな。あきらかに、お前の方が上だ。まさか、陰キャ力で、俺に勝てるヤツがいるとは思っていなかった。大したもんだ。誇っていいぞ」

 そう言いながら、拳を突き出すと、
 オメガは、紙一重で回避しつつ、

「いやいや、センエース。お前の方が凄い」

「いやいや、オメガなんとか。お前がナンバーワンだ」

 互いに互いを賞賛しあう、
 なんともほほえましい光景。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く