『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

44話 世界一の美少女とイチャイチャすること。

 44話 世界一の美少女とイチャイチャすること。

「で? その要件とは?」

 じっくりと時間をかけながら、
 センは『戦闘前のセオリー』を積んでいく。

 ぶっちゃけ、『オメガの話』に興味はない。
 ただ、相手の『手』を読もうと必死。

 目線、呼吸、一挙手一投足から、
 敵のセオリーをトレースし、
 最善手を模索する。

 そんなセンに対し、
 オメガは、まっすぐに、

「まずは、世界征服だな」

 と、用件を伝える。

「ダイナミックだな。『まず』を枕においていいクエストじゃねぇ」

「そして、神を殺してもらいたい」

「……どのランクの神を想定しているかによって、だいぶ印象が変わるお願いだな。表層の神を殺すミッションと、ソンキーを殺すミッションでは、次元が8桁違う」

「ついでに、全宇宙の運命を調律してもらいたい」

「そいつは、間違いなく、『ついで』で頼んでいい代物じゃねぇ」

「そして、これが、最も重要な用件だが……」

「まだあるのかよ。まるでブラック企業のノルマみてぇだな」

 センの感想を聞き流しつつ、
 オメガは、
 そこで、一拍を置いてから、
 ド真剣な目で、



「世界一の美少女と、全力でイチャイチャしてもらいたい」



「……また、随分と、テイストが変わったな。支離滅裂すぎて、話にならねぇ」

 呆れ交じりの感想を口にするセンに、

 ただ、しかし、オメガは、
 一ミリも冗談っぽさを出さずに、
 バカみたいにド真剣な表情のまま、


「ちなみに、どの用件が一番ムズかしそうだ?」


 と、そんな質問を投げかけてきた。

 センは、オメガの目を見る。
 まっすぐな目だった。

 おどろくほど。
 あきれるほど。

 だからこそ、

「――最後のミッションだ。他のとは次元が8桁以上違う」

「同意見だぜ」

「ケンカ売ってんのか?」

「いや、同情しているだけだ」

「一番キツイな」

 『中見があるのかないのかイマイチわからない会話』を終えると、
 両者そろって、一気にオーラと魔力を解放する。

 『最後のアリア・ギアス』によって、
 両者を包み込む空間は、
 恐ろしく強固になっているが、
 しかし、それでも、衝動を吸収しきれず、
 ブルブルと震えている。

 ――と、そこで、センは、

「ところで、現状、神化は解放されているようだが、携帯ドラゴンの方は使えねぇ……これは仕様か? それともバグか?」

「いや、バグじゃねぇよ。そして、仕様でもない」

「? じゃあ、どういう――」

「単純な話さ。『現状、ルナの使用権は俺にある』というそれだけの話さ」

 そう言うと、
 オメガは、



「淡い輝きの結晶。いと美しき、月光の携帯ドラゴン、起動。……おいで……ルナ」



 その宣言に呼応するように、銀色の粒子が結集して、

「きゅいっ」

 かわいらしい、手乗りサイズで二頭身のドラゴンが現れた。
 パタパタと小さな翼をはためかせ、ゆっくりと飛び上がり、オメガの頭の上にポスンと着地すると、子猫のように、クルンと小さく丸くなって、スースーと寝息をたてはじめた。

「おいおい……ウチの携帯ドラゴン、なんで、そんなナチュラルかつ完璧に俺を裏切ってんだ?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く