『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 そこらのカスとはレベルが違う鋼の覚悟。

 42話 そこらのカスとはレベルが違う鋼の覚悟。

「……そうなると、逆に『永遠に終わらなそうな豪胆さ』を感じるな……」

 などと、言葉を並べつつ、
 心の中では、

(俺のことを知っているだけではなく、第一アルファのゲームタイトルまで知っているのか……こいつは、どう考えても、ただのコスモゾーン・レリックじゃないな)

 警戒心が増していく。
 オメガは、あまりにも不気味な男。

 何よりも不気味なのは、
 『根底にある雰囲気』が自分と酷似しているということ。

(……こいつからは『重厚な覚悟』を感じる……『信念のためなら何でもしてみせる』という鋼の覚悟……)

 目を見れば分かる。
 そこらのカスとはレベルが違う。

 存在値がどうとか、
 魔力やオーラの資質がどうとか、
 そんなことじゃない。

 ――オメガは、『魂の格』が違う。

(不遜な言い方だが……こいつの『胆』は、俺に匹敵している気がする……)

 もし、オメガが、
 本当に『センエースと同等クラスの精神力』を持つ異常者だったとしたら、
 確実に、
 『最悪の泥仕合』になる。

 その理解に到ったことで、
 センは、とびきりの苦い顔をする。

(……あの三人が『扉の向こうでどうなっているか一ミリもわからない現状』で、このアホと、ゆっくり遊んでいるヒマはねぇ……)

 『さっさと救いにいきたい』。
 それが、現状の最重要項目。
 というか、それ以外は全て二の次。

(――『こいつを殺せば取り戻せる』……というのであれば、迷わずブチ殺すが、『こいつを殺すことで、あの三人に被害が及ぶ』というナメくさったワナが仕掛けられている可能性もある……うぜぇ……)

 センが『どうしたものか』と、
 『次の手』に悩んでいると、

 そこで、
 オメガが、

「色々と悩んでいるお前に、優しい俺が、重要情報をくれてやろう。――最後のアリア・ギアスが発動している間、虚空のアリア・ギアスは鳴りを潜める。完全に効果が消失するワケじゃないが、拘束力は大幅に薄くなる」

 と、爆弾発言をかましてきた。

 センは、慎重に、

「ってことは……つまり……」

「ああ、そういうことだ、センエース」

 そう言うと、
 オメガは、
 胸の前で手を合わせて、

「――神化――」

 そうつぶやくと同時、
 荘厳な光がオメガを昇華させる。

 一気に膨れ上がる。
 存在値1000の壁を大胆に超えていく。
 膨大な異次元の数値に包まれるオメガ。

「今、この時だけ……俺たちは、本来の翼で飛べる」

 神の領域に至ったオメガは、
 ゆったりと、
 貫禄のある武を構えて、



「本気でいくから、本気でこい。センエース」



 そう言いながら、
 クイクイっと、手招きをする。

 そんな『上から降り注ぐ言葉』に対し、
 センは、普通にイラっとした顔で、

「……本気を出すかどうかは『本気を出すに値するかどうか』を見極めた後で、俺が決める」

 若干奪われかけている『主導権』を取り戻そうと、
 重厚感のある言葉を投げかけるものの、
 しかし、
 オメガは、そんなセンの言葉を、サラっとかわす。

「ヘタに様子をうかがったりせず、最初から、本気を出したほうがいい。言っておくが、俺は、お前の1000倍強い」

「ほう。そいつはすげぇ。ぶっちゃけ、ドン引きだぜ。いくらなんでもむちゃくちゃだ」

 と、一度、どうでもいい言葉を並べてから、
 『とびっきりの本音』をそろえていく。

「……まあ、仮に、それが事実だったとしても、俺は、『今の俺』の1001倍強くなって、お前を殺すだけだがな」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く