『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

41話 最後のアリア・ギアス。

 41話 最後のアリア・ギアス。

「大事な女を三人も奪われていて、ノンキを通せるほど、俺は男をやめてねぇ。今の俺は、マジでブチ切れている……それを踏まえて返答しろ」

 究極超神センエースは、オーラを解放し、
 バキバキの圧力をかけながら、

「――俺の女を、とっとと返せ。殺すぞ」

 常人なら、
 一瞬で意識が飛んでしまうであろう、
 エゲツないほど豪快な胆力。

 それほどの凶悪な覇気を受けていながら、
 『男』は、ニィっと柔らかく微笑んで、

「取り返してみろよ。この上なく尊き神の王センエースならば、俺からあいつらを奪い返すくらい楽勝だろ?」

 しっかりと挑発をかましていく。

「……」

 その『根っこがシッカリとした挑発』を受けたことで、
 センは、
 逆に、冷静になった。

 『冴えわたる』というほどではないが、
 頭の中がシンと静かになって、
 視界が少しだけ広くなる。
 だから、

「……テメェ、誰だ?」

「ああ、自己紹介がまだだったな。俺はクトゥルフ・オメガバスティオンという」

「……クトゥルフって名前は、聞いたことがあるが、後半は『初めまして』だな。お前はアレか? クトゥルフの亜種的なやつか? それとも、クトゥルフの本名が、そのオメガなんとかなのか?」

「オメガバスティオンという概念が、クトゥルフという観念を借りている――というのが、俺の状態だ」

「一ミリも意味がわからねぇ。結局、お前は誰だ?」



「俺は、運命を殺す狂気の具現。永き時空を旅した敗北者。月光の龍神クトゥルフ・オメガバスティオン」



「……どこかで聞いたことがあるキャッチフレーズだな。というか、ぶっちゃけ、そいつは、俺が最近、使い始めたニューキャッチコピーだ。……これは、偶然か? それとも、何かしらの運命か?」

「くく……偶然だったら、面白いよな。あまりにもかぶりすぎていて、さすがに、笑えるぜ」

「……」

「けど、まあ、……結局のところは偶然だよ。そんなもんだ、運命なんて」

 そう言うと、
 オメガは、天を仰いで、

「これで、すべての条件が整った」

 そうつぶやくと、

 そこで、オメガのオーラが、淡く瞬いて、



「――強者は華。堅陣な魂魄は土――」



 ゆらゆらと、
 光が強くなって、





「――最後のアリア・ギアス発動――」





 宣言の直後、
 オメガの圧力がグっと深くなった。

 と、同時に、空間の質が大きく変化した。
 『隔離された』と一瞬で理解できる変化。


 それを受け、センは、

「……審判じゃなく最後……か。色々と意味不明だな。つぅか、『最後のアリア・ギアス』って……だいぶ、ヤバそうだな。まさか、『もう、今後、誰もアリア・ギアスを使えません』とか、そういう感じじゃないだろうな」

「心配するな。ここでいう『最後』は、あくまでも記号、表題……あるいは命題。――つまるところ『ファイナ〇ファンタジー』くらいの意味でしかない」

「……そうなると、逆に『永遠に終わらなそうな豪胆さ』を感じるな……」

 などと、言葉を並べつつ、
 心の中では、

(俺のことを知っているだけではなく、第一アルファのゲームタイトルまで知っているのか……こいつは、どう考えても、ただのコスモゾーン・レリックじゃないな)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く