『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 クトゥルフの遺跡。

 38話 クトゥルフの遺跡。

 ――その『誰も入れない遺跡』は、
 外観だけで言うと、
 別段、他の遺跡と違いがあるというわけではなかった。

 『罪帝学園』の地下にある遺跡。
 対して厳重でもない『ちょっとした監視』の目をかいくぐり、
 『学園の深部に潜入しなければいけない』
 というのが『ほんのわずかに厄介なだけ』で、
 ほかの違いは特にないように見えた。

「……これか……確かに、扉は閉じているが……それ以外の外観は、他の遺跡と、何もかわらんな……」

 だいぶ高位の『カゲに潜む魔法』を使い、
 何の問題もなく罪帝学園に潜入したセンたち一行。

 地下へと直行し、
 遺跡の前までやってきたところで、

「特に変わった気配も感じない……」

 そうつぶやいたセンに、
 背後のアダムが、

「天下の情報班に、この遺跡に関する記録を入念に調べさせましたが、中に入る手段は一切見つかりませんでした。扉の部分に、触れる、なでる、軽く攻撃をしかけてみる……と、一通り、可能性を試してみましたが、何をしようと、うんともすんとも言わず……」

「ふーん……じゃあ、中身とかないんじゃない? 『こういうオブジェ』っていうだけなんじゃね?」

 そんなセンの言葉に対し、
 アダムが、遠慮がちに、

「もしかしたら、この遺跡は、ただのハリボテで、中身がないタイプであるという可能性もありますが、しかし……」

「しかし……なんだ?」

 センに問われ、
 アダムは、おずおずと、

「この遺跡からは……何かを感じるのです」

「何かねぇ……ちなみに、その何かって? 俺、何も感じんのだけど?」

 と、そこで、シューリが、

「んー、この感覚は、なんとも言えない感じでちゅねぇ」

 と、言葉を挟んできた。

「え、お前も何か感じてんの?」

「むしろ、逆に聞きたいんでちゅけど、お兄は、本当に何も感じないんでちゅか?」

「……えっと、どんな『何か』を感じたら正解なんでしょうか?」

「こう、むずがゆいというか……変に懐かしいというか……」

「……懐かしいねぇ……そいつは、また、特殊な感覚を覚えているじゃないか……」

 と、そこで、センは、ミシャに視線を向けて、

「ちなみに、ミシャは? お前も何か感じている感じ?」

「……はい。なにか……奇妙な感覚を覚えております……胸の奥が……少しだけ熱くなるような……」

「マジすか……」

 そうつぶやいてから、
 センは遺跡を見つめ、

「俺のセンサーだけバグったのかな? それとも……」

 などとつぶやきつつ、
 遺跡にソっと触れる。

 すると、

 ブーン……

 と、何かが起動するような音が響いて、





 ――  夢イベントスイッチ010 ON  ――



 『10のコスモゾーン・レリック』を所有している『主人公』の接触を確認。
 『クトゥルフの遺跡』のアップデートを開始します。

 ~~完了。

 『クトゥルフの遺跡』は、
 『クトゥルフ・オメガバスティオンの遺跡』に進化しました。






 ――どこかで、誰かが、何かをつぶやいた。
 その言葉は、センの耳には届いていない。

 しかし、

「……空気が変わった……」

 センは感じとる。
 変化。

 場の圧力が、確実に変革した。

 警戒していると、
 そこで――

 グゴゴゴゴ……

 と、サビを押しつぶすような開閉の音が響いて、
 閉じられていた遺跡の扉が開いた。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く