『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 ゲロ吐くほどの~~。

 36話 ゲロ吐くほどの~~。

「オイちゃん、『今朝の6時ごろ、お兄が、エリアCに関するデータを読み込んでいるところ』を見ているんでちゅけど」

「……ぇ」

「本当に、本当に、知らなかったんでちゅか? 罪帝クリミナについての情報は、結構な分量だったから、見逃したという言い訳は通じないと思うんでちゅけど? それでも、あのクズについて、知らなかったと、まだ、言い張りまちゅか?」

「……」

「どうしたんでちゅか? 顔が赤くなっていまちゅけど?」

 センは、肩を震わしながら、



「泳がすんじゃねぇよ! 見られてんなら、逃げようがないだろうが!!」



 感情のままに、怒りを叫んでから、

「というか、いつ見てた?! 俺は、一応、周囲警戒していたぞ! いや、まあ、お前に本気でステルス決められたら、確実に突破される程度のショボい警戒だったが――」

「カマかけただけで、本当は、見てまちぇん」

「……へ?」

「本気でステルス決め込んでまで覗き見するほど、オイちゃん、そんなに、お兄のことを気にして生きてまちぇんよ。うぬぼれないでくだちゃい」

「いや、でも……資料に目を通していた時間とかも、ピタリ、当たってんだけど、それは……」

「まあ、オイちゃん、運がいいでちゅからねぇ。テキトーな数字を言っても、基本的にはあたりまちゅ」

「ラッキーニルヴァーナは、お前より強い相手には無効だろ?! お前の強さは認めるが、さすがに、今の俺は、お前より強いぞ?!」

「この場合、スペシャルどうこうっていうより、単純に、素の運の良さが光った感じでちゅね。別に、オイちゃんの運の良さは『何もかもラッキーニルヴァーナ頼り』というワケではないでちゅから。……というか、その程度のことは、長い仲なんだから、本当はわかっていまちゅよね? 話をそらそうとしても無駄でちゅよ」

「……ぐぅ」

「ちなみに、まだ、質問の答えを聞いていまちぇんよ?  お兄は、最初から、あのクズのことを知っていまちたか?! さあ、張り切ってお答えくだちゃい!」

「お前、ほんと、性格、最悪だな! いい加減にしろよ、マジで! お前と俺の二人きりの時ならまだしも、アダムとミシャの二人が見ている前で、詰めてくんじゃねぇ!」

 けっこうなガチギレをみせつつ、

「せっかく、これまで、丁寧に丁寧に築き上げてきた、俺のニヒルでダーティなイメージが崩れるだろうが!」

「ニヒル(笑) ダーティ(笑)」

「なにワロてんねん!」

「お兄がゲロ吐くほどのお人よしだってことは、この二人も重々理解していまちゅよ」

「お……お人よしだと……言うにことかいて……この俺を……お人よしと言ったのか、お前は……」

 ワナワナと震えながら、

「いいか、シューリ! 俺には『どうしても許容できない言葉』が、全部で五つある! それは、『お人よし』『絆』『親友』『友情パワー』『田中トウシ』! この五つを聞いたら、耳がくさる! 今後、二度と、俺の前で、この不快極まりない言葉を口にするんじゃねぇ! わかったか!!」

「――『お人よし』で『絆』を大事にするお兄は、大『親友』の『田中トウシ』と力を合わせて、迫りくる巨悪を、『友情パワー』で撃退するだろう」

「誰が現代文のテストをやれと言った!」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く