『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 真意。

 35話 真意。

「感謝されても困るんだよ。俺は自分が宣言した通り、あのクズに、罪の数え方を教えただけだ。つまり、あくまでも、俺は、俺のルールにのっとっただけ。お前らの魂を救うためにやったワケじゃない。だから、感謝は必要ない」

 センは、そう言うが、
 しかし、思念たちは、
 無限に、感謝の意を示し続ける。

 そんな彼らに対し、
 センは、ため息まじりに、

「もういいから、消えろ、うっとうしい」

 そう言ってから、
 最後に、

 ボソっと、





「……おつかれ……おやすみ」





 そう言うと、
 指をパチンと鳴らす。

 すると、思念たちは、
 スゥっと溶けて、
 おだやかに、天へと昇っていった。


 ――と同時、
 空間魔法も解除され、
 背後には、三人の美女が立っていた。

 そして、その足元には、
 クリミアの部下であるバスルスが、
 センに対し、片膝をついて平伏している。

 涙を流しながら、

「……主よ……感謝しますっ……家族を……私を……救ってくださって……私は……私は……」

 心からの言葉を投げかけられて、
 センは、

「俺はお前の全てを救った」

 少しだけ荘厳な態度で、

「命も尊厳も。お前の人生にまつわる全てを、いい感じに調律してやった。お前をわずらわすゴミは死んだ。今後、お前の家族は、俺の配下が守る。お前の大事なものが、他者に害されることはありえない。お前の全ては救われた。……つまり……あとは分かるな?」

 その言葉を受けると、
 バスルスは、右腕の袖で涙を拭いて、
 平伏したまま、

「何なりとお申し付けくださいませ、尊き主よ。私の魂を、この上なく尊き命の王に捧げます」

「なら、クリミア関係の処理は全てまかせる。お前の采配で、何もかも、いい感じにしておけ。『罪帝家の懐刀』という地位にあるお前が、全力でコトに挑めば、完璧な処理は不可能でも、いい感じにごまかすくらいはできるだろう。ちなみに、俺のオーダーは一つ。俺たちとクリミアの死は無関係。以上だ。行け」

「――おおせのままに」

 そう言って、さらに一度深く頭を下げてから、
 バスルスは、スっと立ち上がり、
 自分の仕事を成すべく、
 行動を開始した。

 その後ろ姿を見送りつつ、

「……ふあーぁ……っと」

 大きく伸びをしているセンに、
 シューリが、
 クリミアの残骸を見下ろしながら、

「あーあー、完全な灰になっちゃっているじゃないでちゅか。ちゃんと、オイちゃんたちの分も残しておいてくだちゃいよ」

 などとアホなことを言うシューリを、
 『精神的に少しだけ疲れているセン』は、
 右手だけで、サラっとあしらう。

 その『雑な態度』にムっとしたシューリは、
 イタズラな笑顔を浮かべて、

「ところで……」

 そう前を置きながら、
 クリミアの灰を踏みつけつつ、

「このカスのこと、ほんとに知らなかったんでちゅか?」

「はぁ? どういう意味?」

「このホテルに、このカスがいるってこと、実は、最初から知っていたんじゃないでちゅか? だから、わざわざ、このホテルでお茶をしようなんて言ったんじゃないでちゅか?」

「なにをバカなことを」

「本当でちゅか?」

「当然だろ」

「オイちゃん、『今朝の6時ごろ、お兄が、エリアCに関するデータを読み込んでいるところ』を見ているんでちゅけど」

「……ぇ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く