『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 くたばれ。

 34話 くたばれ。

「ちょっと強いからといって……いい気になるな……クズがぁ……」

 なんの意味もない、『思考放棄した負け惜しみ』を吐き捨てるクリミア。

 そんなクリミアに、
 センは、心底、つまらなそうな顔で、

「いい気になっているように見えるか? 本当に? 呆れているようには見えないか? まったく?」

「……」

「お前の資質は、決して悪くない。俺の配下の上位勢と比べても、遜色ないほどの資質。もし、お前が、まともな道を歩んでいて、まっすぐな想いで、ゼノリカに入ることを望んでいた場合、天上に名を連ねることも出来ただろう」

「ゼノ……リカ……?」

「お前は『本物になりうる可能性――全てを掴めたかもしれない未来』を自分で捨てた。『ゼノリカの天上に名を連ねるという人生』が、お前にとって幸福だったかどうかは知らんけど……少なくとも、今みたいに、呆れ怨みツラみに漬かりながら、地獄の底でエンドレスワルツを踊るよりは、なんぼかマシだったろう」

「……」

「すべて、お前の責任だ。他の誰の責任でもない。すべて、お前自身の問題だ」

 つらつらと、
 そう言葉を並べてから、
 センは、
 まっすぐに、クリミアの目を見て、


「――反省しろ」


 そう言った。

「……」

 センの言葉を最後まで聞いたクリミアは、
 その全てを飲み込み、咀嚼し、受け入れた上で、

 『罪帝クリミア』としての、
 最後の意地を通す。





「……くたばれ、クソ偽善野郎……私は絶対に……反省などしない……」




 クリミアは、
 覚悟を決めた顔で、
 そう言った。

「まあ、確かに、俺も結構なクズ野郎だけど、お前よりは、ちょっとだけマシな気がするかな」

 センは、そう言った直後、パチンと指をならした。
 すると、クリミアは、また禍々しい腕によって、
 ブラッディソウルゲートの奥へと引きずり込まれる。

 自業自得を積み重ねるクリミア。

 センの予想では、

(あの感じだと、まだ、もうちょっとは耐えるかな?)

 と、思っていたのだが、
 しかし、
 結局、

「………………」

 ――9回目の地獄に耐えることができず、
 そのまま灰になってしまった。


「あれ? 終わり? ふーん……さっきの啖呵(たんか)は、『抵抗する覚悟』ではなく『あきらめる覚悟』を決めただけだったか。……最後の最後まで、くそダッセぇなぁ……」


 まっすぐな本音をつぶやいてから、

「結局のところは、9周ぽっちかぁ……まあ、ヘタレではないけど、めちゃくちゃ根性があるってほどでもなかったな。10周前後耐えたヤツなら、他にも何人か見たことあるし。つぅか、やっぱり、『あいつ』が異常なだけだな。44周は、さすがにヤバすぎ」

 センが、そんなことを、つぶやいている間、

 センに呼び出された無数の思念たちは、
 『まだまだぜんぜん物足りない』とばかりに、
 クリミナの灰を、メッタメタに踏みつけていた。

 そんな無駄な時間が、十秒ほど経過したところで、

 思念たちは、
 センに対して、
 全員で、深々と、頭を下げて、


 ――ありがとうございます――


 と、感謝の言葉を投げかけた。
 心からの言葉。
 想いがあふれた言葉。

「感謝されても困るんだよ。俺は自分が宣言した通り、あのクズに、罪の数え方を教えただけだ。つまり、あくまでも、俺は、俺のルールにのっとっただけ。お前らの魂を救うためにやったワケじゃない。だから、感謝は必要ない」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く