『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

 33話 本物じゃなくても、届く世界はあった。

 33話 本物じゃなくても、届く世界はあった。俺の存在がその証拠だ。資質の点だけで言えば、俺はお前よりも劣っている。けれど、どんな地獄を前にしても、諦めずに、勇気を叫び続けた。だから、俺はここにいる。



 苦々しい顔で、
 センの武に目を奪われながら、

(これが……『本物』の……強さか……)

 心の中で、そうつぶやきつつ、
 闇雲に、ただただ拳を繰り出し続けるクリミア。

(ふざけやがって……畜生……畜生……畜生……)

 世界に対する文句が止まらない。

「ふざけんなぁあああ! ド畜生ぉおお! なんでテメェは本物で! 俺はそうじゃないんだぁああああああああ! 俺だって……俺だってぇええええっっ!」

 暴れる。
 無様に。

(――くそったれ! くそったれ! くそったれぇえええ!)

 クリミアの頭の中に、
 ガキの頃の記憶がよみがえる。

 『頑張れば本物になれる』と思い込んでいた時期が、
 クリミアにもあった。

 しかし、『彼女』の『才(差異)』を目の当たりにして、
 クリミアが『望んだ未来』は死んだ。


『――クリミア兄さまぁ、大丈夫だよぉ。あなたは頑張っていると思うよぉ。たぶん。知らんけどぉ』


 世界最強格の支配者『完全院リライト』を戦慄させた少女。
 次元違いの才能を持つ罪帝家の最高傑作。

『私と比べたら、全員等しく無能なんだから、私に負けたからって、落ち込む必要はないんだよぉ。わかったぁ? 兄さまぁ』

 この世には『絶対的格差』があることを思い知った。
 命は、本物とゴミに分かれると理解できた。

 きわめて単純な話。
 罪帝ヒミコは本物で、
 罪帝クリミアはゴミだった。



「理不尽! 理不尽! 理不尽! 私をニセモノ扱いする、この世界は不条理の極み!」



 叫びながら、クリミアは、拳を振り回す。

「キライだぁ! こんな世界! なくなってしまえ! 私をシカトする不愉快な地獄! 私を選ばない世界などいらない!! 全員、死ねぇえええ! 苦しんで死ねぇええええ!」

 クリミアのソレは、もはや、武ではなかった。
 ただ、膨れ上がった感情に身を任せて暴れているだけ。

 ようするには、かんしゃくを起こしているだけ。

 『何もできない子供』が、『世界の広さ』に飲み込まれている。
 それが、現状の全て。

 ――そんな『くだらない今』の底にいる『クリミア』の額に、
 センは、親指ではじいた人差し指を当てる。

「ぶあっ!」

 軽く痛みを感じる程度のデコピン。
 ダメージには届かない。
 そんな衝撃。

 ――センは、タメ息まじりに、

「…………なあ、まだやる?」

 ダルそうに、

「もしかして、まだ、マジで、わからない? 俺とお前の差。強いとか、弱いとか、そういうことじゃない、根源的な差」

 クリミアは思う。
 『あまりに理不尽なモノ言いじゃないか』と。
 動きを止めたら『休むな』とビンタされ、
 動き続けたら『まだやる?』と小バカにされる。

「お前は、だから、ダメなんだよ。まだ、お前は、本物とかニセモノとか、そんな話ができる領域にいない。それすらわかっていない。根本の気概がなっちゃいない」

 何を言われても、
 『徹底的にけなしてきやがる』
 としか思わないクリミア。

 『理解する気』がない相手の前だと、
 どんな『メッセージ』も意味を見失う。

 だから、クリミアは、悔しさのあまり、
 自分の唇をブチブチに噛みしめながら、


「ああああああ!」


 怒りのまま、地面を何度も殴りつつ、


「ちょっと強いからといって……いい気になるな……クズがぁ……」


 なんの意味もない『思考放棄した負け惜しみ』を吐き捨てる。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く