話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 絶対にありえない。

 32話 絶対にありえない。

「テメェみたいなカスにも、積んできたものはあるだろ? せめて、最後くらい、派手に暴れてみせろ。最後の意地を見せるのであれば、特別に、罪だけではなく『絶望の数え方』も教えてやるよ」

 そう言いながら、センは、
 ゆっくりと、

 ――『雑』に武を構え、

「さあ、殴り掛かってこい。お前が、本当に、誇り高き王族だというのなら、最後に、ガッツの一つでも見せてみろ」

「……ぐぅうう!」

 クリミアは、そこで、覚悟を決めたのか、
 強く歯を食いしばり、

「私に対し……上からモノをいうな……偉そうなことを、ぐだぐだと……イラつく……心底……ムカつくんだよぉおおおお! 死ね、独善クズ野郎ぉおお!」

 そう叫びながら、センに殴り掛かる。

 その特攻を、
 じっくりと観察してから、
 センは、

「さっきは、『殴り返したかったから、殴られてやった』が……もう、その気はないから、二度と、殴られてはやらない。お前の拳は、二度と、俺には届かない」

 そう言いながら、センは、クリミアの拳を、
 ギリギリ、紙一重のところで回避しながら、

「ほらほら、もっと、足を動かせよ、カカシじゃねぇんだから」

 そう言いながら、クリミアの足に、軽く、ローキックを入れる。
 本当に、触れる程度にしか蹴っていないので、ダメージは入っていない。

 かるくヨロメいたくらい。
 だから、当然、まだまだ戦える。

 クリミアは続けて、センに殴り掛かるが、
 しかし、当然のようによけられる。

「……く……うっ……」

 この『たった二回の攻防だけ』でも、
 『100%以上の解析度』で理解できた。

 たとえ、この先、一億回、一兆回と、殴り掛かり続けても、
 クリミアの拳が、センに届くことは、


 ――絶対にありえない。


「どんどん来いよ。……ほら、動け。たかが一回や二回よけられた程度で、手を休めるな」

 パンッ、パンッと、
 触れる程度の往復ビンタをする。

 その『虫でも払うかのようなビンタ』は、
 クリミアの怒りを、正確に刺激した。

 この極度に閉塞的な状況とも相まって、
 クリミアの怒りが一気に膨れ上がった。

「く、くぅう! がぁあああ!」

 クリミアは、
 怒りにまかせて、猛獣のように暴れる。

 その暴走は、ただのヤケクソではなく、
 クリミアが積んできた全てを詰め込んだ『命の爆発』だった。

 魔法も、体技も、アイテムも、
 全てを駆使して、
 クリミアは、センに襲い掛かる。

 しかし、
 その全てが、かわされ、いなされ、


「オーラの運用が雑。魔力の込め方が雑。雑、雑、雑、全部、雑」


 それは『指導的な発言』ではなかった。
 ただの文句。

 『お前はなっていない』
 『俺の前に立つに値しない』

 と、ただボヤいているだけ。

「ぐっ! うぅう! うぅううううっっ!!!」

 何も通じない。
 クリミアが積んできたものは、
 決してゼロではないのだけれど、
 センの前では、虚無と何も変わらなかった。

 高次の理解に届いたクリミアは、
 だから、武器を捨て、魔力とオーラを閉じた。

 苦々しい顔で、
 センの武に目を奪われながら、

(これが……『本物』の……強さか……)

 心の中で、そうつぶやきつつ、
 闇雲に、ただただ拳を繰り出し続ける。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く