『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 反省しました(棒)。

 29話 反省しました(棒)。

「ああ、ちなみに『反省したら解放する』ってのだけは、絶対に本当だ。そこに関しては、絶対に嘘じゃない。それだけは、俺の名前にかけて誓う」

 そう言って、
 センは、また、無慈悲に指を鳴らした。

 クリミアの地獄は終わらない。

 5周目の地獄。
 ここまでくれば、
 さすがに、クリミアも、
 『自分が他者に何をしてきたのか』を思い知る。

 だが、反省はしない。
 彼は反省などしない。

 『理解』に至った彼が思うことは一つ。


 ――『だからって、なんで、私がこんな目に遭わなければいけない』
 という、純粋な怒り。


 ゆえに、もし『可能』なら、
 クリミアは、センを八つ裂きにするだろう。
 自分が受けた『責め苦』の、数十倍、数百倍の地獄をセンに与えて、
 『泣こうが喚こうが、絶対に許すものか!』
 と、『残虐さ』の限りを尽くすだろう。

 センの『反省したら解放する』という言葉は嘘じゃない。
 しかし、クリミアは、他者に対して、
 決して、そんな『許し』は与えない。


「5周目も耐えたか。いいねぇ。そのまま、新記録を狙っちゃえよ。さっき、俺は『新記録を出しても特に何もない』って言ったけど、もし、本当に新記録を出せたら、ちょっとだけガチで褒めてやるよ。頭は撫でてやらないけど、『あっぱれ』ぐらいは言ってやる」


 そう言ってから、
 また指を鳴らすセン。

 この期に及んで、まだ、クリミアの心には、
 わずかな『反省の念』すら芽生えていない。

 クリミアは反省などしない。
 だから、クリミアの地獄は終わらない。

 続く。
 終わらない。
 無慈悲な時間が続く。



 ★



 ――クリミアの根性はなかなかだった。
 6周、7周、8周、と、耐えてみせた。

 しかし、
 『8回目に耐えても解放されない』
 という事実を受け止めたことで、
 『あ、これ、耐えても無駄なやつだ』
 と、気づいたクリミアは、


「……反省……しました……どうか……ゆるしてください……」


 9周目が始まる前、そんなことを言った。
 見るからに、
 精神的にも、肉体的にも、
 限界っぽい様子。

 クリミアは、地に頭をこすりつけて、
 体を震わせながら、

「どうか……ゆるして……ください……もう……耐えられ……」

 その『薄っぺらな言葉』を受けて、
 センは、



「宣言はしなくていいよ。もし、お前が本当に反省した場合、ゲートは勝手に閉じるから」



「……」

「閉じる様子がないね。なんでだろうね? ね?」

「……」

「故障かな? トラブル? ミス? なんだろう? 不思議だね? ね?」

「……」

 表情が曇っていくクリミアに、
 センは、
 ほとんど無表情のまま、



「お前みたいなヤツが『反省できない』ってことは、よぉく知ってる。ぶっちゃけると、見飽きてんだよ、お前みたいなヤツ。自分が何をしてきたか。その辺までは把握できても、そこから先の理解に届かない。――『だからなんだ』とわめき続ける。悪ってのは、そういうもんだ」



「こんな……ひどすぎる……」

「お前に、命をもてあそばれた連中は、全員、同じことを想っているだろうな。ちなみに、お前には罪があるけれど、いたぶられた連中には罪がないってところがミソだな。彼らは被害を受けただけ、お前は罰を受けているだけ。その違いこそが最も重要な点だ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く